仕事

「テレワークは最高」だった会社員。突然の出社命令に耐えきれず…

快適なテレワークの代償は“無気力症状”

 ちなみに前回、彼女の美香さんからは吉川さんの性欲の衰えを心配していたが、問題は解決したのだろうか。 「むしろ、さらに悪化してそんな気力まったくないですね。先日も彼女が夜、ベッドに来て誘っていたらしいのですが、僕は爆睡していてピクリとも反応しなかったそうです。それにコロナ前は付き合いでキャバクラにもよく飲みに行っていたのですが、最近は行きたいとすら思いません。感染が怖いというよりも、付き合いが面倒臭いんですよね。仲の良い同僚と居酒屋で少し飲むくらいならいいのですが、わざわざ先輩とキャバクラに行って気を遣いたくないというか……。 無気力 それなら、1秒でも早く帰って家でダラダラしたい。それに、女性に良い顔をすること自体が面倒臭くなりました。女子社員が体調不良で早退を申し出てきたときに以前なら何も言わずに帰してあげたのですが、『帰るのはいいけれど、周りに迷惑がかかってるってことは忘れないでねー』とうっかり本音が出ちゃったんです。横にいた同僚に『そんな言い方はないだろ!』と慌ててフォローされましたよ」  家でゆっくり過ごすだけでは出社のストレス解消にはならないのか、相変わらず浪費癖も治っていないようだ。ちなみに、テレワーク時は少しの残業にもイライラしていた吉川さん。出社後はさらに残業が増えたそうだが、最近は怒る元気すらないという。テレワークが快適すぎた会社員の身に起こる、アフターコロナの危険信号。1番恐ろしいのは「無気力」という症状なのかもしれない……。<取材・文/結城>
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白