仕事

「おい、デブ…」パワハラ課長を言い負かした半沢直樹みたいな友人

その後の課長の態度は?

 課長が離れた後、友人は青田さんに向かって謝罪。ただし、すでに退職を決意していたため、言い負かされる課長の姿を見て胸のすく思いだったそうだ。 辞表 「週明け、会社に退職届を出しました。これで私に恐れるものが何もないと思ったのか、課長からは無理やり仕事を押し付けられることも暴言を浴びせられることもなくなりました。おかげで辞めるまでの2か月間は平穏な時間を過ごすことができました」  ちなみに退職後は、友人実家が経営する建設会社に転職。真面目な人柄などを知っていたため、課長との一件の前から「会社を辞めるならウチで働かないか?」と誘われていたとか。 「友人がやったことは世間的にはアウトかもしれませんが、今の自分があるのは友人のおかげ。一歩間違えば最悪の結果になっていたかもしれませんけどね(笑)」  やり方は褒められたものではないが、パワハラ上司を撃退してくれたのは事実。少なくとも彼にとっては人生を好転させる大きな出来事になったようだ。<取材・文/トシタカマサ>ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠