仕事

360日飲み歩いて営業していたおくりバント社長。コロナ禍で気づいた新たな稼ぎ方

ガチファンをつくる

 高山氏いわく、「ガチファンをつくることが、ゆるく食べていけるコツ」だという。 「そのためには、まずストレスを抱えないこと。何が正解かわからないんだから、無駄なストレスを抱えたらダメですよ。  いままで以上に『いかにストレスがないか』を基準に仕事をするようにしています。神経質な人は律義に頑張ってしまうかもしれませんが、このご時世、好きにやって失敗しても『試行錯誤が大切だから』と許してくれそうじゃないですか(笑)。  それに『コロナのとき、何してました?』って話題は、一生つきまとうエピソード。だからこそ、開き直って好きなことをしたほうが、将来ネタに困らないはず!」  出世欲や一攫千金といった上昇志向を捨て、身の回りの好きを突き詰めることが、ニューノーマルなキャリアプランとなるのか。 【おくりバント社長・高山洋平氏】 不動産投資会社を経てIT業界大手のアドウェイズに入社。中国支社の営業統括本部長を務め、現職。ラーメン二郎とルノアールを愛する。ツイッターは@takayamayohei1 <取材・文/週刊SPA!編集部>
―[働き方革命]―
1
2
コロナ氷河期

終わりなき凍りついた世界を生き抜くために
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白