エンタメ

女芸人たちの“本気メイク”が美しすぎる。鳥居みゆきは美人女優級

イモトアヤコ:ナチュラルメイク姿に「美人!」と驚きの声が殺到

 盛りメイクや整形メイクではなく、ナチュラルな美しさが度々話題になっているのがイモトアヤコ。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)での極太眉とツインテールの姿が浸透しているイモトが2016年放送の『家売るオンナ』(同)に本来の美しさが際立つナチュラルな姿で出演すると、「美人」と話題になった。
 実はイモトは、高校時代のミスコンでグランプリに輝いた経験があるうえ、北川景子や故・竹内結子さんなどの美人女優とも交流がある。持ち前の美しさはもちろんのこと、美容に詳しい周囲からの影響もあって、ますますの輝きを見せているのかもしれない。  またイモトが見せるギャップはルックスのみにとどまらない。同じく『世界の果てまでイッテQ!』(同)ではオーバーリアクションで、変顔も辞さない明るいキャラクターを前面に押し出しているが、他番組では上品に落ち着いて話す姿も見せる。そんなギャップが視聴者の好感に繋がっているようだ。  

阿佐ヶ谷姉妹:ふたり揃って都会的なオトナの女性に大変身!

 のほほんとしたゆるい“おばさんキャラ”でお茶の間の人気者となった、阿佐ヶ谷姉妹。阿佐ヶ谷姉妹といえば、おそろいのピンクの衣装とおかっぱヘアの印象が強いが、最近、そのイメージを払拭した姿を披露して話題になった。
 ふたりは9月9日に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にて、女性向けファッション誌『Oggi』(小学館)の表紙風のショットを公開。前髪をかきあげたような無造作なヘアスタイルにしっかりめのメイクを施したその姿は“ハイセンスなオトナの女性”といった雰囲気で、ネット上では「素敵」「超いい写真」と絶賛の嵐が巻き起こった。  9月23日に同番組で放送された続編でも女性向けファッション誌『otona MUSE』(宝島社)の表紙のオーマジュ写真をお披露目。こちらも大好評で、実際に発売されないことを残念がるファンも多かったようだ。  ――以上、美しすぎる女芸人たちを5人ご紹介した。女芸人だからといってブスをアピールしなければならない時代は、すでに過去のもののようだ。<文/A4studio>
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠