恋愛・結婚

20代女性が判定、“許せない”中年男性のファッション。一番ありえないのは?

 人生も40年を過ぎると重荷になってくるのが“オシャレ”。であれば、せめて他人に悪印象を与えない“無難”なファッションは習得したい。テレワーク全盛のビジネスシーンで私服のセンスが問われるこの時代、中年コーデの最適解を提唱する!

「ダサいは論外」だが、攻めすぎやハイブラも黄信号!?

 中年男にとって悩ましいのが、“最先端のオシャレ”や“高級品”を身にまとえば「許せる(無難)」というわけではないこと。そこで、今回はさまざまな職業の20代女性を招集。中年男が着用しても“許せる/許せない”アイテムを判定してもらった。各自20点満点で、高得点なほど好印象となる。 <今回のレビューを担当した、20代女性の皆様>
嫌われない中年ファッション

まゆさん(22歳・キャバ嬢)

●「服装で接客のテンションが下がるときもあります」まゆさん(22歳・キャバ嬢)  キャバ歴4年、銀座クラブチック所属。YouTubeで「ホステストラベラーまゆ」としてキャバ嬢あるあるや、ひとり旅の動画を配信。「ファッションはTPOが一番大事」 ●「中学生ファッションおじさんはNGです」まなみさん(仮名・28歳・医療事務)  好きな男性の服装はシンプルで、時計やカバンなど、さりげないブランドものだと好印象。「全身のブランドがすべて違う“ブランド渋滞おっさん”は苦手です」 ●「自分に似合うものをそろそろ把握すべき」ゆうさん(仮名・26歳・アパレル店員)  アパレル会社に所属しながら、フリーの販売員としても活動。「ブランドを過剰アピールするより、高いものは一点だけにしたり、引き算も覚えてほしいです」 ●「中年で若者ブランドに手を出し始めるのは危険」あやこさん(仮名・27歳・無職)  パパ活歴4年。OLを経て、現在はパパ活だけで年間1000万円以上を稼いでいる。ジャケットに白スニーカーのスタイルが好みで、「全身ユニクロでもOK」だとか ●「くすんだ色の洋服は顔色が悪くなるだけ」さちさん(仮名・26歳・風俗嬢)  風俗歴3年。派遣先の自宅で着古した部屋着だと引くこともあるとか。「洋服のニオイは香水でごまかすより、柔軟剤やボディクリームのほうが好感度アップ」

本音レビュー! 中年男の許せるアイテム

●スマートウォッチ 92点(総合得点100点満点中、高得点ほど好印象。以下同) 嫌われない中年ファッション今やデキる男の定番品。「スマートな印象」(パパ活)、「高くなくてもオシャレ」(キャバ嬢)と今回の最高得点を獲得 ●バックパック 84点 嫌われない中年ファッションビジネス用に使う会社員が増えているが「実用的。ゴテゴテしてないリュックなら好印象」(OL)と、総合点も高かった ●ミニウォレット 80点 嫌われない中年ファッションキャッシュレス決済が定着し始めたからこそ、「小さめのお財布は今の時代にちゃんと対応している感じがする」(風俗嬢)と好印象
次のページ
ブラックマスクは許せる?
1
2
3
4
5
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事