エンタメ

テリー伊藤のファッション美学「人を不快にする着こなしはしない」

 人生も40年を過ぎると重荷になってくるのが“オシャレ”。であれば、せめて他人に悪印象を与えない“無難”なファッションは習得したい。芸能界でも屈指のファッショニスタとして名高いテリー伊藤氏が、中年コーデの最適解を語る。

生涯現役ファッショニスタが語る! 中年男のファッション心得

嫌われない中年ファッション

テリー伊藤氏

「僕の服装は一見すると自由に見えるかもしれないけれど、一定の方程式がある。他人を不快にさせない着こなしを一通り会得して、そこから自分なりにアレンジしていくのが、本当のファッションの楽しみだと思ってるんです」  個性的なファッションのイメージが強い彼だが、「こうした“遊び”は、あくまで“無難”な着こなしをマスターしたうえでのこと」だと話す。 「今の日本は“ファッション大国”と言っても過言でないくらい量販店も古着屋もレベルが高く、ファッションへのリテラシーも高い。  だから昔ほど高価な服を買ったり、難しい知識を身につけたりする必要もなく、街に出て“いいな”と思う人のコーデを真似し続けるだけでも、基本的な着こなしが身についていくと思います」

自分に合ったスタイルから押さえる

 また、初心者は「自分に合ったスタイルから押さえるのがオススメ」だという。 「いつも仕事着の男性が休日の私服に悩むというのはありがちだけど、無理に苦手なスタイルに挑戦する必要もない。スーツを着慣れているのならスーツスタイルをベースにすればいいし、アウトドア好きならその方面から徐々に揃えていけばいいんです」  そうして着こなしのイロハを身につけたうえで「自分らしい色のコーデに挑戦していってほしい」と語る。 「靴や帽子、バッグなど小物でいいので、なるべく鮮やかな色をどこかに入れてほしいですね。モノトーンのコーデは無難だし、初心者でも簡単にまとまるけど、僕はそれでは面白くないから差し色をスカーフで巻いたりする。  コーデ全体をキャンバスに見立てて、自分ならではの色を足していただきたいわけです。やっぱり着ている服が元気だと、気持ちもどこか若返りますからね」  中年になると重荷に思えてくる“オシャレ”だが、“無難”コーデを身につけたその先にこそ、ファッションの本当の楽しみが待っているのかもしれない。 【テリー伊藤氏】 演出家・プロデューサー。’49年東京都出身。早稲田実業中等部、高等部を経て日本大学経済学部に入学。『天才たけしの元気が出るテレビ』『ねるとん紅鯨団』『浅草橋ヤング洋品店』など多数のヒット番組を手がける <取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事