恋愛・結婚

「絶対に結婚できない40代男」の勘違い。過去の恋愛はもう参考にならない

40歳を過ぎて結婚できない人の特徴

婚活 40歳を過ぎて結婚できない人の特徴のひとつは「結婚」という視点ではなく、「過去の恋愛」が正解だと思っているということです。今まではこんな人とうまくいっていた、過去にこんな人と付き合ったことがある、そんな過去の経験があればあるほど、過去の恋愛に基づいた価値観にとらわれ過ぎてしまいます。  私からすると40年間、「結婚」という結果を出さず、異性と関係をつくってきたその過去は「結婚」という視点から見ると正解ではなく、不正解なのです。  価値観というのは生まれてから今まで見て聞いて感じてきたものの中で、正解だったもの、うまくいかなかったもの、その経験から自分なりのルールとして判断基準として持っているものです。  そして、そのルールや判断基準を作るうえで見てきたものではなく、今までの人生で経験したことのないこと、見たことのないことなどを私は「価値観の外側」だと考えています。

「市場を見る」ができない中年婚活男性

 また、結婚相手というのは自分の思ってもみないような人だったりします。まさしく価値観の外側の人こそ結婚相手だったりするんです。しかし、恋愛を正解としている人はそれに気づくことはありません。  さらにタモツさんは「常に自分にはこういう人がいい!」と相手がどんな人なのかということを基準に婚活をしていました 。これも40代男性で結婚できない人の特徴です。  実は婚活をする上で重要なのは相手ではなく、「市場を見る」ということです。独身ばかりが集まる婚活市場では自分自身の年齢や年収そしてスペックや性格はどのような市場価値を持っているのか?  常にこの市場を見るクセをつけると、自分が幸せな結婚するためにはどのような女性が集まる場所に行けば、効果的なのかすぐにわかるはずです。
次のページ
40男にも訪れる深刻なマリッジブルー
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事