ライフ

鬼滅の刃フィギュアのネット転売で見えた「煉獄杏寿郎」の人気ぶり

全6種類のまとめ販売では即決価格4万3000円

ヤフオク!

まとめ販売の即決価格は4万3000円。画像は、「ヤフオク!」より

 また、一番くじのフィギュアコンプセットなるものも出品されている。これは全6種のフィギュアのまとめ販売。即決価格は4万3000円だ。  次に、「メルカリ」を見てみよう。こちらもヤフオク!と状況はあまり変わらない。
メルカリ

画像は、「メルカリ」の検索結果

 やはり煉獄さんは人気があるな……と悟ってしまうと同時に、高額転売と分かっていても買ってしまうファンが存在するのだと改めて認識。この行動についての是非を問うことはできないが、高額転売とはやはり需要あっての現象である。  フィギュアだけでなく、グラス、湯呑み、ラバーストラップ、ミニノートセットも多数出品されている。フィギュアとの抱き合わせで売られていることもあり、何が何でもくじの代金を取り戻すという思惑が見て取れる。

高額すぎるものは売れていない

 しかし、気づいたこともある。これらの転売商品、言われているほど売れていない様子。  上述のように、たとえ転売商品であってもそれを買いたいと考えるファンがいることは事実。が、だからといって煉獄フィギュアを出品すればすぐに売れるというわけではないようだ。このフィギュアであれば、1円スタートのオークションに設定するか相場の最低ラインである6000円台に下げてようやく買い手がつくという状態である。  即ち、「高額転売品であっても欲しい!」という人より「いい加減にしろ転売ヤー!」という人のほうが多いのではないだろうか。<文/澤田真一>ノンフィクション作家、Webライター。1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジー、ガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログ『たまには澤田もエンターテイナー
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白