エンタメ

大森靖子が語る2020年と炎上問題「なんでも他人の問題を自分の問題にしがち」

 12月9日に5枚目のフルアルバム『Kintsugi』をリリースした大森靖子。常に、世の中の常識に懐疑的な視点を持っており、自らも“シンガー・ソングライター”というステレオタイプな印象を与える肩書を好まず、一貫して“超歌手”を名乗っている。アイドルグループ「ZOC」のプロデュース業など、精力的に活動を続ける彼女が2020年のムードを語った。 大森靖子

峯田さんといるときの自分はめっちゃ嫌い

――まずは『Kintsugi』の制作背景からお聞きしたいのですが。 大森:いつもは明確なコンセプトを立てて、そこにキャッチーなものを入れて「なんとか世に拡散させたい」っていう思いでやっているんですが、ぶっちゃけ今はZOCが売れてほしいのが先(笑)。だから今回はそうした“バズる要素”をかなり排除して、より自己表現を深めた作品になったかなと。 ――アルバムに収録されている「堕教師」では、女優の橋本愛さんが歌唱参加されていますね。 大森:前から橋本愛ちゃんとは知り合いで、連絡もこまめに取っている中で「歌うことが好き」っていうのを最近知ったんですよ。それもボイトレとかダンスレッスンにも通うぐらい意識が高くて。私のファンでもあるコが、先にほかの誰かと仕事したら悔しいので「じゃあやろうよー」って声をかけて実現しました。 ――これまでも銀杏BOYZ・峯田和伸さん、神聖かまってちゃん・の子さん、道重さゆみさんなどコラボ機会が多い印象でした。 大森:もともとプロデュースが好きで、「自分だったらこの人をもっと魅力的にできるのに」っていう強い思いがあるんですよね。あと、好きな人と一緒にいるときの自身の反応や変化を楽しんでいる部分もあります。峯田さんといるときの自分はめっちゃ嫌いなんですが。 ――なぜですか? 大森:「峯田さんってこういう女嫌いだろうな」って、無意識で自己を排除していることに気づくから。正直そんな価値観を壊したいんだけど、なんだかんだ好みに寄せている自分がいて、あとで映像で振り返ると「ウワッ」って引いちゃう(笑)。

地球上でトイレが一番好きな場所

大森靖子――2020年を振り返ると、どんな一年でしたか? 大森:年始とか、もう10年前ぐらいの感覚っていうぐらい早く感じます。コロナでツアーができなかったので、映像を作ったり、弾き語り動画をTwitterにアップしたり、表現方法はちょっとずつアップデートさせていきました。やっぱり、早めにアクションを起こさないと何も明るい兆しなんて見えてこないから。 ――会場を押さえての配信ライブも行っていましたね。 大森:コロナに関係なく配信ライブは好きでよくやっていたんですよね。私、地上のあらゆる場所の中でトイレが好きで。というのも、完全に“一人きり”になれる空間じゃないですか。そんな聖域にスマホで私のライブを流しながら連れてっていただける可能性がある……という喜びが大きい。 ――大森さん自身、YouTuberなどで活動する“配信者”で誰か好きな人はいるんですか? 大森:街録ch」って知ってます? 友達のテレビディレクターがやっている一個人へのインタビューチャンネルなんですが、野次馬感出しつつも、深入りしすぎず共感しすぎず、でも寄り添ってくれている雰囲気が好き。それってSPA!っぽいとも感じます(笑)。いるじゃないですか、自分語りしたい人たちって。それの究極みたいな内容なんですよね。 ――コメント欄も覗きに行くタイプですか? 大森:見ますよ。「これが社会の闇か……」とか書かれているんですよね。でも私はそう思わなくて、むしろ輝いている人たちだと思う。大人って、全員が社会の裏方で、裏方としてどう光っていくかでしかないんですよ。  だから勝手に“闇”っていうレッテルを貼らないでほしい。私が長年曲を作り続けている理由には、そうした人たちの生活を照らしたいという思いがあるんですよね。卑屈にならず、堂々と「裏方です」って言える人はカッコいい。
次のページ
どんな人でも認められる場所、認められない場所がある
1
2
週刊SPA!12/22号(12/15発売)

表紙の人/ 土屋太鳳

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事