雑学

ヲタドル・喜屋武ちあきが選ぶマンガ・アニメの金言

幼い頃から大人になった今に至るまで、大好きだった漫画やアニメのセリフが、人生のターニングポイントや心が折れそうなときに、自分たちを奮い立たせるサプリになることがある。そんな心の金言を紹介しよう

◆スレッガー中尉の名言で自分を戒めています!

喜屋武ちあきプロフィール 漫画・アニメを愛するヲタドルとして知られる喜屋武ちあきちゃん。大好きなガンダムシリーズでは、ファーストに登場するスレッガー・ロウの「悲しいけどこれ戦争なのよね」が好きなセリフ。

「彼は戦況を改善するために、確実に命を失う特攻を自ら敢行します。プロの軍人である彼の生きざまが、凝縮された言葉なんですよ。『自分を大切にしすぎちゃダメ』『どんな仕事も真剣に臨もう』と、自分への戒めになるセリフです」

一方で勇気をもらったセリフは、少女漫画『ふしぎ遊戯』(渡瀬悠宇)の「生きてりゃあね、辛いこともいつかは笑って話せる時が来るんだよ!」だ。

「柳宿というキャラが、苦境に立たされた主人公に言うセリフなんですが、読んだのが中学校でいじめに遭っていた頃で。この言葉には本当に励まされたし、おかげで笑って話せるようになりました。今でもツラいときによく思い出すし、昨日も思い出しました(笑)」

『魔方陣グルグル』(衛藤ヒロユキ)も大好きな言葉の宝庫。

『ただし魔法は尻から出る』とか『かっこいいポーズ』とか、思い出しただけで笑えるギャグが満載で。自分の笑いのツボを形成してくれた作品なので、いつ読んでも笑えるし、元気になれるんです!」

【喜屋武ちあき】
漫画、アニメ、コスプレ、ゲームをこよなく愛するグラビアアイドル。アイドルグループ「中野風女シスターズ」「風男塾」としても活動する。
http://ameblo.jp/kyan-chi/

― 人生に効く[漫画&アニメ]名セリフ集【3】 ―




おすすめ記事