エンタメ

【初代ミスSPA!候補生】セミファイナリスト30人が決定!

―[ミスSPA!]―
今年初となる「ミスSPA!オーディション2021」1次選考が終了し、セミファイナリスト30人が決定した。 7月1日よりスタートした「ミスSPA!オーディション2021」1次選考の選考方法は3項目。生配信をしながらファンと交流ができるミクチャ配信と、推しの候補者を撮影でき参加ポイントを投票することができるスタジオ撮影会、そしてオリジナルグッズが当たるオンラインくじで、それぞれの獲得ポイントを合算し、上位30人がセミファイナル進出を決めた。  まずは1次選考を勝ちあがった30人を写真とともに紹介しよう。 ⇒大きい写真で全部見る(画像をタップすると次の画像が見られます)  各候補者が怒涛の追い上げを見せ、中間報告から大きく順位の入れ替えが起こる混戦模様となった。  全通過者の総合ポイントと選考項目ごとのベスト3は以下の通り。 【総合ポイント】 【ミクチャ配信部門】集計期間[1st Stage(7/1~7/15)+ 2nd Stage(7/16~7/31)] 1位 山田愛穂  221万824ポイント 2位 結那    215万6785ポイント 3位 塩野響子  178万3473ポイント  1st Stageでもトップを獲得し、中間報告で紹介した山田愛穂(うたた寝シエスタ)の勢いが2nd Stageでも衰えることはなかった。130万ポイントを追加し、トップを独走する結果に。 【オンラインくじ部門】集計期間(7/16~7/31) 1位 山本 栞  107万5000ポイント 2位 山田愛穂  83万3500ポイント 3位 松本真奈美 42万5000ポイント  タレント本人からのメッセージ動画や缶バッチ、アクリルキーホルダー、ブロマイドが当たるオンラインくじでは、山本、山田のトップ2人が圧倒的な強さを見せ、後続に倍以上の差をつける形となった。集計ポイントは順位に応じたボーナス(応援ポイント)が加算されている。 【撮影会部門】集計期間(7/10、7/11) 1位 山本 栞  29万2000ポイント 2位 塩野響子  20万1000ポイント 3位 西谷麻糸呂 20万1000ポイント  参加者の投票とチェキ券の販売数に応じてポイントを獲得できる撮影会部門でもオンラインくじと同様に山本栞が1位を勝ち取った。

ウィルス対策には最新技術を駆使した噴霧器も

 今回の選考では昨今の状況を踏まえ、オンラインによる選考方法を多く取り入れている。そんななか、リアルで行われた撮影会でもウィルス対策を徹底。会場入り口での消毒、検温はもちろんだが、今回は感染対策に効果があるとされる『BrockenWater専用噴霧器AirForce』(株式会社サンケイシャーロック)を会場内に複数設置した。  こちらの機械は、NASAの宇宙飛行士用の飲料水浄化を目的として開発されたという優れもの。日本国内での空間除菌効果が証明され、全国各地の介護施設、保育園でも採用されているという。  その特殊な噴霧器を撮影会入り口、ブース、出演者控え室に設置することで、会場内を除菌。安心してイベントに参加してもらえるように心がけた。

BrockenWater専用噴霧器AirForce。ブロッケンウォーター(水成二酸化塩素)はウイルス、バクテリア、カビ類など人体に悪影響をもたらす病原体に対し99.999%以上の除菌効果が証明されており、専用の噴霧器を使用し噴霧することで6畳空間を1時間で空間除菌が可能。99.9%の浮遊ウイルスを抑制することができる。これは一般除菌剤塩素系に比べ、除菌力が7倍、消臭力が2.63倍、反応スピードが3倍だ。公式販売サイトはこちら。サンケイシャーロック社サイトclo2.jp

 セミファイナリスト30人が参加する次回選考は、9月4日(土)にさいたま水上公園(上尾市)にて開催される『SPA!フェス大撮影会』。同撮影会では、高崎かなみはじめ、有名グラドル多数出演。会場を盛り上げてくれるはずだ。  第二次選考は撮影会参加者の投票によるポイントと、チェキ撮影券の販売枚数に応じたポイントを合算し、合計数の上位から順にファイナリスト10人が決定する。初秋を彩る彼女たちがどんな熱い戦いを繰り広げるのか……まだまだ目が離せない! 撮影/武田敏将、林 紘輝(本誌)、山川修一(本誌)
―[ミスSPA!]―
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事