ライフ

キャンプ好き女性が「もう無理!」。迷惑キャンパー急増の意外な理由

自分の時間は自分で守る! トラブル回避テクニック

 このように、なにかとトラブルも多い女性のソロキャンプ事情。井上さんは、自分なりのトラブル回避術をいくつも用意しているそうです。 スマホ ロック「まず、基本ですがテントには鍵をつける。キャンプ場によってはトイレや駐車場が離れているので、無防備になりますからね。チャック部分に連結させるように、ワイヤーの鍵がお勧めです。万全ではないですが、ないよりマシです。  それと、防犯ブザーも必須です。私も万が一のために、100円ショップのものを2つ持ち歩いています。あとは、“一人で来ていることをごまかすグッズ”など。テントの前に男物のスニーカーを置いたり、テントの中でラジオを付けっぱなしにしたり。あとは、テンションが上っても、SNSなどに『〇〇キャンプ場で、ソロキャンプ中♪』とか、不特定多数に情報をばらまかない。これ、意外とうっかり書き込んでしまうことも多いので、要注意です」

思いやりだけは欠かさず、キャンプを楽しもう!

「中には『そこまでしてソロキャンプしたくない』と思われる方もいるかもしれませんが、念には念を。なにでストレス発散をするか、日々の疲れから回復できるかは人それぞれですよね。私はソロキャンプで、自分を全力で甘やかす。これが最高の回復法です。だからそんな大切な時間を守るためなら、苦にならないんです」  ブームになることでトラブルも増えますが、「キャンプの楽しさを共感してもらえる、キャンパー仲間が増えることは純粋に嬉しい」という井上さん。自然の中でみんながエネルギーを補給できるよう、思いやりだけは欠かさないようにしたいですね。 <取材・文/赤山ひかる イラスト/朝倉千夏> ※女子SPA!より
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事