エンタメ

雨上がり決死隊、署名の筆跡からも蛍原の解散への強い覚悟が

角の書き方にふたりの心情が……

(画像:『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊 解散報告会』より)

(画像:『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊 解散報告会』より)

 四角い字の部分を見ると、宮迫さんは角ばっていますが、蛍原さんは丸みを帯びています。  角ばって書く人は几帳面でルールを守るタイプ、丸みを帯びている人は融通が利いて合理的な傾向が強いもの。なんとなく、イメージ的に「逆では?」と思えますよね。  おそらく心理として、宮迫さんはフラれた側。解散が正式に決まったことで「本当に解散したんだ。これからはピンでしっかりしないと」という気持ちと、自身の不甲斐なさ、申し訳なさが出てしまい、力が入って角ばって書いているのではないでしょうか。  一方、蛍原さんは肩の荷が下り、サラサラっと軽く筆を走らせているので、角に丸みが出ているのです。  角の書き方に、二人の心情が強く出ていると感じます。

距離から蛍原さんの解散へのスタンスがあらわに


 この字のバランスをよーく見たとき、蛍原さんは宮迫さんの名前と1文字分に近い距離を開けて署名しています。この距離、コンビならもう少し近づけて書くはず。実際、結婚発表で書く署名は、たいてい皆さんかなり近づけて書いています。  つまりこの署名のバランスは、もう宮迫さんと並ぶ関係性ではない、という蛍原さんの心情が表れているように感じます。しかも字が書けるギリギリまで下に下げていますので、この期に及んでもやや遠慮すらしている可能性が……。 「雨上がり決死隊は宮迫さんが大きくしてくれた」と言う蛍原さんは、32年間ずっと宮迫さんを立て続けてきたはず。その感情とスタンスが自身の名前をかなり下に書かせているのかもしれません。
(画像:『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊 解散報告会』より)

(画像:『アメトーーク特別編 雨上がり決死隊 解散報告会』より)

 動画内で、FUJIWARAの藤本敏史さんが涙を流しながら解散撤回について訴えていましたが、再結成を諦めていない宮迫さんに対して、蛍原さんはきっぱり否定。その言葉はこの名前の距離感を見ると、ウソではなさそう。かなりリアルな心情が表れていると思われます。  筆者も「雨上がり決死隊」は好きで、長く応援していたファンの一人。解散のニュースは衝撃的でしたし、今もとても残念でなりません。  とはいえ、蛍原さんの苦悩と宮迫さんとの方向性や価値観の違いは、やはりコンビ継続が難しいのだろう、というのも理解できるもの。今後はそれぞれの道で、また面白いものを築き上げてほしいと願うばかりです。 <文/関由佳> ※女子SPA!より
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事