仕事

コンビニ店員は下僕じゃない。突然キレる年配客に、店員の対応は

コンビニ店員を下僕のように扱う年配客

コンビニ ほとんどの年配客は優しくて感じが良いということを前置きしておくが、一部の人がかなりひどい。コンビニ店員に対して、こんなふうに思っているのではないか。 ・「お客様は神様」なので絶対に反撃してこない ・下僕のように見下している  働いている人に対してリスペクトや思いやりがなく、なんでも許されると思っているのだ。先日、久しぶりに頭にきた出来事があった。  16時頃、筆者の休憩時間に店長がやってきた。5分ぐらいバックヤードで話してから筆者はレジに向かった。その5分後、70歳過ぎと思われる男性が入ってきた。手には懐中電灯を持っている。 「前にこの店で懐中電灯を買ったんだけど、電池ないから入れてくれよ!」  この人は何を言っているのだ。人に頼みごとをするのにいきなり大声で喧嘩腰。筆者は「電池を買ってからにしてもらえますか?」と伝える。 「そんなのわかっているよ!」 「あの……あそこから選んでください」 「電池を持ってこいよ! 突っ立ってないで、どんどん動けよ! 早く行け、行け!」  さすがの筆者もここまでの扱いをされて、我慢ができなかった。バックヤードにいる店長を呼ぼうとベルを鳴らした。

暴走が止まらない

 すぐに異変に気が付いた店長の奥さんがきて、状況を確認する。 「電池は種類があるので選んでください」 「あ、なに? なんだよ!」  そこに店長がやってきて、「そんなに大声を出さないでもらえます?」となだめる。しかし、さらに年配客はヒートアップする。 「なんだ、お前、いつもいないくせに、なんで今日はいるんだよ! ここで懐中電灯を買ったんだから電池入れろよ!」  店長は呆れながら言う。 「あの、電池を買わなくていいですから、もう帰ってください」 「なんだと!」  年配客の横暴は止まらない。店長は奥さんに警察を呼ぶように言った。
次のページ
人を侮辱するのもいい加減にしろ
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事