恋愛・結婚

「財布をスられた…」彼氏に給付金10万円を渡したら…大後悔した話

お財布をスられたと連絡が入って……突然消えた彼

真澄さんと彼のやりとり

真澄さんと彼のやりとり

 恋人との関係にヒビが入ったのは、9月に入った頃のことでした。 「バスでお財布をスられてしまった。来週法事のために実家に行く予定だったんだけど……」  真澄さんは恋人からのLINEに、動揺します。彼が困っているならと、何の疑問ももたずにこう返します。 「いくら必要なの?」  結婚できるかもしれない相手のピンチは、真澄さんにとっては「いざというとき」だと思えたのです。LINEをもらった数日後、給付金をそっくりそのまま10万円、彼に渡しました。

恋心を利用されて、今も相手を責めきることができない彼女

 少しずつ弁済する約束をして、彼は青森にあるという実家へ帰省していきました。  しかし、彼との連絡はそこで途絶えてしまったのです。携帯電話は不通になり、住んでいた場所も引き払われたあとに「やられた」と気づきました。  真澄さんはそのときのことを振り返ると、悔しさと情けなさ、その中にほんの少し「それでも彼が幸せでいてくれれば」という気持ちがあるそうです。 「最初からだますつもりだったのか、結果的にだまして逃げることになってしまったのかは、分からないです。もうどっちでもいいし」  どういう意図があったのかより、「自分が負った損害さえ戻ってくれればいい、それ以上は何も望まない」と肩を落とします。  いわゆるお金目当ての“ロマンス詐欺”とは言いきれないため、真澄さんは警察には相談していないそう。交際期間が長かったため「彼の気持ちに嘘がなかったと信じたい」といいます。  被害に遭ってもなお自分の恋心に「間違っていなかった」と言い聞かせる彼女の姿に、恋愛感情を利用したトラブルの難しさを感じました。自分の気持ちを誰かに利用されないようにするのは難しいです。せめて納得して行動できるようになりたいですね。 【他の記事を読む】⇒シリーズ「私のトラウマ体験」の一覧はこちらへどうぞ <取材・文/いなばしの> ※女子SPA!より
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠