エンタメ

「“ぬくもり”が残った物を渡すことができるのがうれしい」 『ずぶ濡れSKE48』発売記念イベント

『ずぶ濡れSKE48』発売記念イベントが開催

SKE48  須田亜香里、荒井優希、杉山歩南

左から) SKE48 荒井優希、須田亜香里、杉山歩南

 10月7日に東京の書泉ブックタワーで開催された『ずぶ濡れSKE48』発売記念イベントでは、SKE48の須田亜香里(すだあかり)、荒井優希(あらいゆき)、杉山歩南(すぎやまあなん)が登壇。ファンへのお渡し会の前には囲み取材に応じ、撮影の裏話や本のみどころを語った。  今作は『週刊SPA!』同名連載にて、2年間に渡ってSKE48の総勢60人が様々なシチュエーションでずぶ濡れになる瞬間を切り取った写真をまとめた書籍だが、須田は頑張ったシーンが大きく使われなかったと、冗談交じりで編集者へのクレームを語った。
SKE48 須田亜香里

SKE48 須田亜香里

「撮影でいちばん大変だったのは、木の桶で頭から水をかぶった“水垢離(みずごり)”です。水がキレイに映るまで何度もテイクを重ねたのに、使われた写真が小さかったので、ページを開いたときに衝撃を受けました(笑)。あんなに頑張ったのに!」

”ずぶ濡れ7”に選抜された荒井優希、杉山歩南

 今回の企画で編集部より選抜された、“神7“ならぬ“ずぶ濡れ7”に選ばれた荒井は、自身でも納得の選出だと撮影当時を振り返った。
SKE48  荒井優希

SKE48 荒井優希

「ずぶ濡れ撮影の初回が私だったので、スタッフさんたちもどのくらい濡らせばいいのか、手探りだったみたいで。『替えの下着を用意してください』とだけ言われて現場入りして、公園の噴水でびっくりするくらいびしょ濡れになりました。他のメンバーたちは霧吹きで顔を濡らすくらいのときもあると聞いて、私とはテイストが違ってびっくりしたこともありました。これで“ずぶ濡れ7”に入れなかったら苦情を言ってたと思うので、入れていただいてよかったです!」
SKE48  杉山歩南

SKE48 杉山歩南

 また、一般道の坂道をダッシュで駆け上がる姿を撮影した15歳の杉山は、「もうすぐ学校の運動会があるので、この本に載ってる表情を真似して、いい顔で写真に映りたい」と若さ溢れるコメント。  この言葉を受けて、10月31日で30歳になる須田らが年齢に関するトークを展開する。
次のページ right-delta
杉山歩南の発言に沸き立つ先輩メンバー達
1
2


【星野書店限定版】ずぶ濡れSKE48 太田彩夏表紙版
https://hoshinoshoten.raku-uru.jp/item-detail/938183

【セブンネットショッピング版】ずぶ濡れSKE48 坂本真凛表紙版
https://7net.omni7.jp/detail/1107232950
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事