ライフ

コンビニ店員が理解不能な客の行動。レシートを貰ったのに無言で置いていく

 コンビニで長く働いてきた筆者。辞めていた時期もあるが、現在はライター業の傍ら、知り合いの店長に「人手不足」を理由に頼まれ、空いた時間だけ手伝う生活をしている。    今回は、不可解な行動をする迷惑客を中心に書いていきたい。

1つの商品におしぼりを3つ要求する男性客

紙おしぼり コロナ禍でマスクを着用することが“新しい生活様式”のひとつとなったが、数年前からたまに来る客は、それ以前から先端の尖った黒いマスクをつけていた。店員に対して態度が悪く、何をしでかすのか分からない不気味な雰囲気を漂わせていた。  そんな“カラス男”が先日、混雑時に来店した。筆者はレジ打ちを担当していたが、店長と揉めている様子だった。客がはけてから、何があったのか聞いてみた。  すると、弁当を買ったときなどに1つサービスで付けているおしぼりを、その男性は商品を1つしか購入していないにもかかわらず、3つも要求してきたとか。通常は1つである。割り箸などと同じで、店が負担しているわけだから当然だ。 「お一人様1つと決まっております」 「金払うからいいでしょう?」 「これは売り物ではないので別途商品をお買い求めください」  そのようなやり取りのあと、何かブツブツと文句を言って去ってしまった。

レシートをもらっておきながら置いていく行為

  レシートを渡す店員 意外と多いのが、一度もらったレシートをわざわざトレイやその横に置いていく客だ。レシートがいらない場合は「いらないです」と言えばいいし、受け取ったらレシート入れに捨てるなり持って帰ればいい。  それを無言で置いていく行為はスタッフから評判が悪いのだ。    ほかにも接客中に横から話しかけてくる客には困ってしまう。作業が終わってからにして欲しいものだが、横から「すいません」と声をかけてくる。レジに集中しないと間違いが起こりやすくなるうえ、いま接客中の客にも失礼になるだろう。「少々お待ちください」と言っても何度も自分の要求を優先させようとする。ちょっとは考えてもらいたいものだ。
次のページ
タダでピザまんをもらおうとするセコい客
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ