エンタメ

「息する回数を減らせば?」ワンオクTakaの“煽り”に批判殺到。透けて見える自己保身

 8月20、21日の「SUMMER SONIC 2022」に出演したロックバンド「ONE OK ROCK」。観客の声出しを煽ったボーカル・Takaの言動が議論を呼んでいます。

「どのフェスも出禁覚悟でやってるから」

ONE OK ROCK

ONE OK ROCK公式サイトより

 当日会場にいた人たちのツイッターなどによると、「どのフェスも出禁覚悟でやってるから」と宣言。嫌がるかもしれないファンに向かっては、「息する回数とか減らしてみたら?」と、冗談交じりに挑戦的なMCを繰り返したというのです。  これに音楽ファンの間で賛否両論が巻き起こりました。“3年半のうっぷんを晴らせた。最高だった”と感動する人もいる一方、大半はTakaに疑問を投げかけています。  印象的だったのは他の出演アーティストとの違いが明確になったことです。“声を出せないのは寂しいけど不安がる人の気持ちも理解してルールを守れ”と呼びかけたHYDEや、観客の分まで力を込めて歌うと宣言したWANIMAのMCを引き合いに出したツイートに多くの賛同が集まっていました。  そもそもサマソニの公式見解として「ライブ中の歓声・大声での会話・コールアンドレスポンスなどは禁止」とあったので、Takaの呼びかけはまずかった。いち個人として新型コロナをどう捉えるか以前に、イベンターとアーティストとの間で契約関係が発生しているわけですから、約束を破ったと言われても仕方ないのではないでしょうか。

思いやりの欠如と恩着せがましさ

 それはさておき、今回Takaの発言はなぜこんなにも批判されたのでしょうか? 一見ストレスをためこんだファンの思いを代弁しているかのように見えますが、思ったほどの賛同は得られなかった。これは誤算だったはずです。  そこには観客自身も騒ぎたい気持ちがある一方で、同時に慎重を期す気持ちもある。特殊な状況で音楽を楽しむ方法を真剣に考えているのに、“そんなもんどうでもいいよ!”とアーティスト側から冷水を浴びせられたら、それはいい気分はしませんよね。その点で少し思いやりに欠けていたのではないでしょうか。  そしてもう一点気になるのは、Takaの発言の主語がファンであることです。騒ぎたくても騒げないファンのために、俺たちが嫌われ役になってでもルールをぶち破ってやるんだというストーリー。それは“最後怒られたら俺が謝るから”との発言からも明らかでしょう。  つまり、“お前のためにやってやるんだ”という恩着せがましさ。本当は自分たちが歓声が欲しかったりモッシュしている光景が見たいだけなのかもしれないのに、すり替えているように見えてしまうのですね。責任を転嫁しているだけなのではないかとファンが疑ったとしても不思議ではありません。
次のページ
どのような考えを持つかは自由だが…
1
2
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ