エンタメ

2度のスピード離婚…遠野なぎこ(43)に聞く“結婚の失敗学”「離婚の痛みは全然ない」

離婚の辛さとは

遠野なぎこ――離婚するときに辛かったことは何ですか? 遠野:愛がなくなっていったり、相手への執着が減っていくスピードって、人それぞれですよね。一方は一気に冷めているけど、もう一方はまだ執着していたりします。円満に終わる場合でも、心が離れる速度は人によって違いますよね。そのズレで憎しみが生まれてしまうことがあります。 どちらかが意固地になってしまったり、相手の足を引っ張ってしまったりということにはなって、それは辛い状況を生みますね。 ――気持ちがズレたまま、離婚には手続きや連絡事項が発生して、関わらなくてはいけない事も多いですからね。 遠野:私の場合は、同居もしていなかったので、それがとても少なくて済んだんですが、一般的にはその手続きが多くて大変ですよね。 ――財布を一緒にしていたりすると、いっそうですね。 遠野:慰謝料が絡むとさらに面倒が多いでしょうね。私は、幸いそういったものはありませんでしたが。

離婚原因ランキング

――インターネットで「離婚原因ランキング」などを見てみると、暴力や不倫など、言語道断な原因をのぞいて「性格の不一致」が上位に出てきます。その下に「家族や親戚との折り合い」「生活費を渡さない」「浪費」などお金の問題が続いていくんですが、これについてどう思われますか? 遠野:具体的か大まかかの違いだけだと思いますよ。例えば、金銭感覚のズレや、家族との付き合い方も、広く言えば価値観や性格の不一致になります。この不一致は、私でさえいくつもあったので、長く夫婦をやっている方はもっとあると思います。だから「性格の不一致」とざっくりまとめてしまって、上位にあるんだと思います。 ――遠野さんご自身は、ランキングの中に当てはまるものはありますか? 遠野:いえ、ないですね。 ――では、別れる原因は、相手の好きだった部分が小さくしぼんだような感じですか?それとも、嫌な部分が大きく見えて来た感覚ですか? 遠野:相手よりも自分ですね。その人と一緒にいる自分が嫌になったように思います。だから、別れてから相手を悪く言ったことはありませんね。一緒にいる自分が自分ではなかったという感覚です。 ――では、今結婚を考えている相手がいるような方は「その人と一緒に居て、自分らしく過ごせているか」と、自分に確認する必要はありそうですね。 遠野:そう思いますね。あとは、「嫁」になるのが嫌だったのもかもしれません。例えば、相手のご両親の前で「嫁」としてちゃんとしなきゃとか、お祝いをいただいた時のお返しを考えなきゃとか、そういうのに疲れちゃったのはありますね。 ――自分自身というより、嫁という「役割」が合わなかった。 遠野:大人として当然やらなきゃいけないことなんですけどね。でも「これが結婚なら、結婚って何なんだ?」と思ってしまいます。私自身が見えなくなってしまうというか。
次のページ
結婚に向いていない人とは?
1
2
3
4
おすすめ記事
ハッシュタグ