エンタメ

マナー違反続出で「駅のピアノ」が撤去。海外とは明らかに違う、日本のストリートピアノの“つまらなさ”

日本のストリートピアノには「グルーヴ」が生まれない


 だからピアノの設置場所が気になってしまいます。日本の場合は通行人の邪魔にならない場所にあることが多いからです。特に神戸の西神中央駅のピアノは改札から遠く離れた窓際にぽつんと置かれていて、なんとも物寂しい感じがしました。  実際、駅の利用者とピアノ奏者が交わることはなく、壁で区切られているわけではないのに個室のように閉じたムードを醸し出していたのです。  それ以外の場所でも、日本では“ここで弾いてください”と規制線を張ったような設置が多いのでグルーヴが生まれません。  確かに迷惑にならないような配慮は必要なのでしょう。加古川のケースも駅の利用者からの苦情がきっかけでした。それでも何らかの志を持ってピアノという“巨大な異物”を置くと決めた以上は、配慮を上回る理想を貫いてもいいのではないかとも感じるのですね。    雑多な環境にあるピアノだからこそ生まれたシーンとして、ノルウェーのオスロ空港の回は忘れられません。 「ならず者」(イーグルス)を静かに弾き語りするドイツ人教師のそばを通り過ぎようとしながらも思わず聞き入ってしまった若者の姿。人通りのノイズに紛れ込んだ音楽が、いつの間にか人の足を止める。耳を澄ます瞬間、不意に生まれる儚いコミュニティがそこにはありました。  それこそがストリートピアノの醍醐味なのだとしたら、日本の場合多くはそれを端から放棄してしまっていると言えるのではないでしょうか。

日本のストリートピアノは“音楽”というより…

 もっとも、杓子定規になってしまう理由は管理者にだけあるのではありません。やはり演奏をする側も、その場にあった曲や演奏スタイルを選ぶ必要があります。自撮り動画を見ても、打鍵と単音のメロディの音量ばかりが大きく、なんとなく手数が多く聞こえるようなスタイルが大半で、それは音楽というよりも曲芸に近い代物です。  雰囲気も何もあったものではない。当然見ず知らずの人同士の味わい深い会話など生まれるはずもありません。“目立たない端っこの方でやってください”となってしまうのも仕方ないところでしょう。  明らかな規範意識の欠如が見られた加古川のケースはともかく、日本のストリートピアノが根付かない理由は、音楽受容がまだまだ未熟であることにあるのではないかと思うのです。  そして、音楽をはじめとした芸術に触れることは、得体の知れない他者を理解しようとする意志を必要とします。  これもまた、パブリックスペースを成立させる上で欠かせない要素なのでしょう。 文/石黒隆之
音楽批評の他、スポーツ、エンタメ、政治について執筆。『新潮』『ユリイカ』等に音楽評論を寄稿。『Number』等でスポーツ取材の経験もあり。Twitter: @TakayukiIshigu4
1
2
おすすめ記事
ハッシュタグ