エンタメ

2ちゃんねると双璧をなしたサイトの管理人は今!?

現実世界以上に流行り廃りが激しいネットの世界。新たなアイデアを生み出し続ける人、そのまま消え去っていく人とさまざまだ。我々を魅了したネット界のカリスマや有名人たちは今、何をしているのか追跡してみた

『侍魂』
◆健氏

 ’00年代の初頭に個人サイトとして1億ビューを稼ぎ出し、2ちゃんねると双璧をなしたサイト『侍魂』。管理人である健氏は、当時、榎本大輔氏が代表を務めていたプロジーから発売された『インターネット侍』というブラウザのパッケージに、小誌連載陣のひろゆき氏ともに侍のスタイルで登場するだけでなく、人気ゲーム『鉄拳4』のテレビCMにも起用されるほどの有名人だった。しかし、そのサイトは’06年頃から更新が滞り、表舞台からは消えてしまったと思われた。そこで、取材班がサイトからメールを出してみるも、返事はなし。周辺情報を探ってみると、家業を継いで、’08年に結婚をし、子供がいることが判明。1億ビューを叩き出したメインコンテンツ『笑える話』も親になれば更新は難しい?

「VIPSTAR」
◆kobaryu 氏

 堀江貴文氏がライブドア代表を務めていた時代の忘年会に出席し、平井堅の「POPSTAR」の替え歌、「VIPSTAR」を歌い、ネット上でまさにスターの扱いを受けていたkobaryu氏。ライブドアショック後に数多くのインタビューなども受け、お茶の間でも認知度がある人物。

 その後、本人は歌手を目指し地道な活動を続け、’07年から’08年にかけてエフエムラジオ立川にてラジオパーソナリティに。’10年5月には、なんとビクターエンターテインメントからCDをリリースするとかしないとか(しかし、3月25日発売予定のCDが、いまだにリリースされていない)。彼の公式サイトから取材を申し込むも、残念ながら音沙汰はなかった。

― 時代を席巻した[元・ネット有名人]の今【4】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事