お金

引退が迫る騎手・調教師の「有終の勝利」を狙い撃て!今週の注目馬を一挙に紹介

今週出走の注目馬

・日曜阪神01R アンリーベイビー  競馬ブームの象徴ともいえる存在なのが中野栄治調教師。騎手として、史上最高となる19万6517人が詰めかけた1990年の日本ダービーをアイネスフウジンで制しており、この時に場内に木霊した「ナカノコール」は競馬史に残る名シーンです。
競馬

1990年日本ダービーの「ナカノコール」は競馬史に残る名シーン

・土曜中山08R マウンテンエース  近4走で2着3回の安定株。惜敗にピリオドを!
競馬

馬も人も育てた小桧山悟調教師

 マルチな才能で知られているのが小桧山悟調教師。スマイルジャックのダービー2着が最高で、調教師としてG1レースには手が届きませんでしたが、数多くの調教師や騎手を育てあげました。ゴリラ愛好家としてゴリラの写真集を出版したり、親交のあったライターが亡くなった際は中心となって追悼本を制作したりと、人間としての魅力に溢れた伯楽です。 土曜中山06R セイウンマカロン  かつて所属していた原騎手とのタッグで一発期待!

オルフェーヴルの好敵手を管理

競馬

騎手時代はナイスネイチャの主戦を務めた松永昌博調教師

 松永昌博調教師は、ナイスネイチャの主戦騎手として知られています。ナイスネイチャは有馬記念3年連続3着など、好走するも勝ちきれないレースを続け、“善戦マン”の愛称でファンから愛された存在でした。  調教師としての代表管理馬はウインバリアシオン。この馬もまた、同世代に三冠馬オルフェーヴルがいたため、G1レースで2着が4回あるもののタイトルには手が届かなかった“善戦マン”でした。 ・土曜阪神10R メイショウモズ  前走はスムーズさを欠く。2走前だけ走れば好勝負!  飯田雄三調教師は「ウイン」や「マイネル」のメインステーブルとして有名。加用正調教師は重賞14勝を挙げています。高橋裕調教師の管理馬といえば、ビワハヤヒデマイネルリマークで完封したが93年の共同通信杯が印象的です。 ・日曜小倉07R ウインリュクス(飯田雄) ・土曜阪神06R ワイドアウェイク(加用) ・土曜中山10R マイネルニコラス(高橋裕)
次のページ
今週がラストの秋山騎手は小倉で全12鞍に騎乗
1
2
3
勝SPA!
おすすめ記事
ハッシュタグ