エンタメ

『孤独のグルメ』映画化!「観たら腹が減りますよ」と松重豊が太鼓判。原作者からもコメント到着

 俳優・松重豊(61)がテレビ東京開局60周年記念『孤独のグルメ』プロジェクトの会見を行った。ドラマ『それぞれの孤独のグルメ』がテレビ東京系で10月4日から放送され、『劇映画 孤独のグルメ』が2025年1月10日に全国公開であることが発表された。

松重豊初の監督・脚本作品に

「孤独のグルメ」プロジェクト会見『孤独のグルメ』(作/久住昌之・画/谷口ジロー)は1994年~1996年にかけて雑誌『月刊PANJA』(扶桑社刊、現在休刊)誌上で連載後、2008年~2015年まで『週刊SPA!』(扶桑社刊)にて不定期連載。累計150万部を超えるロングセラーとなったひとりめし漫画の先駆け的作品だ。 『それぞれの孤独のグルメ』は、多彩なキャストを主人公として迎えるオムニバス形式の作品で、『劇映画 孤独のグルメ』は松重自身が監督・脚本・主演を務める。映画作品において監督・脚本を担当するのは初だという。 「ドラマがシーズン10という節目を迎えたときに、私が映画化を提案しました。若返りつつあるスタッフを成長させたい思いもあって、どうせだったら大風呂敷を広げてやろうと」  と映画化への経緯を説明。自ら監督・脚本を担当したのも「今までドラマしかやっていないスタッフが、慣れない映画のシステムに飲み込まれないように」自分がまとめ役になろうという思いからだった。

まさかの「ラブストーリーが主軸」

「私が頭になることで全体がやりやすくなればいい」と『孤独のグルメ』チームへの思いやりを見せる松重だが、脚本については「一生に一度、やれることはやろう」とわがままに要素を詰め込んだ。 「五郎が『それにしても、腹が減った』と言った後、ポン、ポン、ポンとカメラが引いていくおなじみのカットを、どこか印象的な場所で撮りたいと思い、パリのエッフェル塔でクランクインしました。最初スタッフは『無理無無理!』と言っていましたが、何とかしてくれましたね(笑)。  内容の主軸にしたのはラブストーリーで、冒険譚の要素もあります。皆さんがよく知っている井之頭五郎というキャラクターを、せっかく劇場で見てくださるなら、『とんでもないことになったぞ』という展開が面白い。自信を持ってお届けできるものになりました。観たら腹が減りますよ、保証します」
次のページ
「監督してみて自分は“稀有な役者”だと思った」
1
2
おすすめ記事
ハッシュタグ