R-30

“勝ち組ノマド”だけど本人は「寂しいですよ(笑)」

炎上案件という意味も含め、なんだか「ノマド」が注目を集めている。そんななか、目指したわけではなく、気づけばこうなっていたという、一見”縛られない生き方”をしている人たちに、その実感を聞いた。彼らは果たしてノマドなのか?モテなくても会社員でも、iPhoneを持たずとも……自由で不自由。それがノマド!?

内山隆光さん/Webコンサルタント/34歳

◆培われた経験で他者との差別化。寂しがり屋のノマドワーカー

内山隆光さん

名刺の住所はレンタルオフィス。仕事は同業者のいないお洒落カフェか、行きつけの水タバコ喫茶でしているという

「ホワイトボードを囲んで議論したり、『9階のあのコ、カワイイよね!』的な会話が飛び交ったりする、オフィスライフが大好きなんですが、気づいたら一人で(笑)」

 そう話すのはフリーのWebコンサルタントの内山隆光さん。以前はWeb系ベンチャー企業に勤務し、その会社が買収されたため大手企業の社員となったが……。

「やりたかったことと実質の業務がズレてきて、30すぎで辞めちゃったんです。ボーッとしていても給料はもらえたでしょうが、意味を持たない業務で時間が過ぎてゆくのが嫌で。尾崎豊的にアツかったんです(笑)。知り合いの仕事を受託したことから、口コミで仕事が増え、アレもコレもと受けるうちに、今の状態になりました」

今では米国や香港、EU諸国、フィリピンなど取引先は海外まで。

「以前、日本進出の際コンサルティング業務を行った、ある海外法人は年商数百億円の企業でした。そんな大企業でもレンタルオフィスで社員は全員、各国のノマド。打ち合わせ等はスカイプ。そこの社長もスタバで仕事してました(笑)。そんな企業もあれば、羊飼い(ノマド)のつもりが羊に(日雇い労働)になってるフリーもいる。それを『ノマド』の一言で語るのには違和感があるんですよね」

 パソコンがあれば、どこでも仕事ができるが、東京にいるのはトレンドの吸収のため。紛うことなき勝ち組ノマドなのだが、それでも会社への憧れがあるという。

「『一人で楽しそう』とよく言われますが、寂しいですよ(笑)。自分一人の発想には限界もありますし。だから、仲間や先輩とはよく話します。なぜか異業種の方が多いかな。そのほうが思いもよらないアイデア発想が生まれるんですよね」

― ノマド入門(笑)【5】 ―




おすすめ記事