運転を再開した三陸鉄道北リアス線に乗ってきた【写真ルポ】(後編)

「三鉄(さんてつ)」の愛称で全国の鉄道ファンから親しまれている三陸鉄道。岩手県三陸海岸沿い、宮古~久慈間、およそ71kmを走る三陸鉄道・北リアス線が先月4月1日、田野畑・久慈の運転を再開した。震災から1年あまり、運転再開から1ヶ月半が過ぎた現在、実際に北リアス線に乗車した模様をレポートする。

← 前編はこちら「久慈駅・八戸線も運行再開!色とりどりの車両でにぎわう」

◆田野畑-島越-宮古・島越駅は津波で完全に消失…分断された線路に呆然

 本来ならば田野畑から南へ、トンネルを抜け陸橋を渡り、島越、小本を通って宮古へと向かう北リアス線。しかし田野畑-島越間は津波の被害が大きく、途中の線路や陸橋は分断され、島越駅は駅舎ごと津波で消失していた。間近で引きちぎられた線路を目の当たりにし、改めて震災被害の大きさに驚かされる。現在は2年後の2014年4月の北リアス線全線開通を目指し、田野畑-島越-小本間で工事が進められている。

 また北リアス線宮古駅と南リアス線釜石駅を結ぶJR山田線、夏季に運行される三陸の名物リゾート列車「リアス・シーライナー」を形成する気仙沼線も運休中、秘境線として名高い岩泉線(宮古-岩泉間)も、2010年の土砂災害以降運休中と、東北の鉄道には未だ厳しい状況が続いている。

◆運宮中の南リアス線・釜石駅とその周辺では……

 より被害の大きかった南リアス線は、現在も全線運休中。しかし2年後の運行再開に向けて、様々な取り組みが始まっていた。三陸鉄道釜石駅では、3月18日より休業中の駅舎を利用した「さんてつジオラマカフェ」を営業中。三陸鉄道をイメージした鉄道ジオラマが走る店内で、地元釜石の食材を使った食事を楽しむことができる。

 また南リアス線吉浜駅には、吉浜-唐丹間の鍬台トンネル内で緊急停止し無傷で震災を免れた「奇跡の車両」が停車中。一目見ようと全国から鉄道ファンが集まるほか、時折車両を貸し切ってのイベントなども開催されているとのこと。また車両には定期メンテナンスが行われており、すぐにでも走れる状態に仕上がっているというから驚きだ。

 実際に北リアス線に乗車し、震災の被害の大きさを改めて実感すると同時に、復興に向けて力を尽くす人々の姿が強く印象に残った。最後に三陸鉄道職員の方にお話を伺った。

「全国から色々な方が乗りに来てくれて本当に嬉しいです。運休中の駅舎の掃除をして下さっている地元の皆様にもずいぶん助けられましたし、手を振ってくれるお客さんや、声をかけてくれるお客さんも励みになりました。地域の復興に向けて職員一同頑張りますので、2年後の全線開通を楽しみにしていて下さい!」(三陸鉄道・職員)

 東北が元気を取り戻す日が訪れることを願い、三陸鉄道をはじめとする東北の鉄道、そして被災地の復興を応援していきたい。 <取材・文・撮影/日刊SPA!取材班>

ハッシュタグ




おすすめ記事