エンタメ

【AKB総選挙】SKE48が大量15議席をGET!

AKB48 27thシングル選抜総選挙

AKB48 27thシングル選抜総選挙

 6月6日、日本武道館にて「第4回AKB48選抜総選挙」の開票イベントが行われた。前田敦子の出場辞退や、発表される順位が昨年の40位から64位と大幅に拡大され、『ネクストガールズ』と『フューチャーガールズ』として各16人が選出されるなど、その結果に熱い注目が集まっていた。結果は、1位大島優子、選抜メンバーもおおむね順当な結果となったが、17位以下では大きな変化が起きた。それは、SKE48から15人の大量選出、17位~32位の『アンダーガールズ』には16人中8人と半数をSKE48メンバーが占める結果となった。SPA!でも連載中のSKE48の勢いをお伝えするべく、総選挙で選出されたSKE48メンバーを一挙紹介しよう。

⇒【画像】 15議席を獲得したSKE48のメンバー
http://nikkan-spa.jp/226041/akb48el4_01

松井珠理奈、松井玲奈

W松井並んで登場

◆ 選抜メンバーにはW松井の2人

 9位に松井珠理奈、10位に松井玲奈。と、W松井が並んでの選抜メンバー入りを果たした。

 前回の総選挙の14位から大きく順位をあげた珠理奈は、開票前のライブで『真夏のSounds good!』のセンターを務め、大舞台にも臆さない堂々としたパフォーマンスをみせていた。9位で名前を呼ばれると、緊張の糸が一気に解けたのか、涙が溢れた。腕で涙を拭うも止まらぬ涙をこらえつつ、「約束をさせてください! チームSとしてもチームKとしても、自分らしく全力投球していきます」と力強い宣言に、さらなる躍進を期待する声援が湧いた。

⇒【拡大画像】http://nikkan-spa.jp/226041/akb48el4_03

 速報から順位を落としたものの、10位となり連続選抜入りをした松井玲奈は、嬉しさと悔しさが合わさった複雑な表情をすると思ったが、違った。コメントを求められると、溢れそうになる涙をこらえ「みなさんは、いつも素敵な場所をプレゼントしてくれます。これからも、もっと『ありがとう』と言えるようがんばります」と、終始笑顔でファンへ感謝の気持ちを伝えた。一瞬、悔しさからなのか、顔を歪めて泣きそうになるも、すぐに笑顔に戻るプロ根性、SKE48の顔としての意識の高さをみせた。

⇒【拡大画像】http://nikkan-spa.jp/226041/akb48el4_06

◆ アンダーガールズはSKE48選抜状態に

 アンダーガールズ16人中、8人がSKE48メンバーが占めることとなった。高柳明音(24位)、秦佐和子(25位)、大矢真那(27位)、矢神久美(28位)、須田亜香里(29位)、古川愛李(30位)、木﨑ゆりあ(31位)、小木曽汐莉(32位)と、会場ではSKEのメンバーが連続で呼ばれ、SKE48ファンの集団は立ち上がって声援をおくっていた。「選抜への夢は破れた」と悔しがるも「夢は毎日つくっていくもの」と、前向きに笑顔をみせたのは高柳明音。秦佐和子は「みなさまがどんな想いで投票してくださったのでしょうか?」と、ファンからの想いと与えられた順位を受け止めるようにコメント。前回は圏外だったメンバーも、驚きつつ、SKE48のメンバーと共にステージ上で喜びを分かち合った。

⇒【拡大画像】http://nikkan-spa.jp/226041/akb48el4_10

◆ ネクストガールズにはフレッシュな2人

 34位にSKE48研究生の松村香織、35位に向田茉夏が選出された。松村香織は、松井玲奈と共に『ぐぐたす選抜』として登場し、注目を集めた。発表されると、「ぐぐたす選抜としてはじめて選抜として歌わせてもらいました。この2年半、あきらめずがんばってきた。努力は報われる」と、今回の結果に至るまでの努力を振り返った。さらに、「研究生チームも正規チームに負けない勢いなので、研究生と松村香織をお願いします!」と、SKE48の研究生自体もアピールした。向田茉夏も、「まだまだ上を目指して、前を向いて笑顔でいたい」と、笑顔でコメント。フレッシュな2人の活躍を楽しみにしたい。

⇒【拡大画像】http://nikkan-spa.jp/226041/akb48el4_18

◆ フューチャーガールズは3人 「目指すは選抜」

 56位に木本花音、62位に矢方美紀、63位に中西優香が選出。チームE、K2、Sと、各チームから一人ずつ選ばれるかたちとなった。木本花音は、「私の目指す所は『選抜メンバー』。これからもがんばっていきます!」と力強く宣言。14歳の勢いを感じた。なお、この3人を含むフューチャーガールズの16人は、週刊SPA!にてグラビア掲載などが決定している。続報を待て。

⇒【拡大画像】http://nikkan-spa.jp/226041/akb48el4_21

 ちなみに、今回の総選挙では、NMB48からも山本彩(18位・チームN)ら5人が選出、HKT48からも宮脇咲良(47位・チームH)1人が選出されるなど、姉妹グループの躍進が目立った。最も勢いのあったSKE48だが、次回総選挙に向け、他グループに負けない今まで以上の勢いで、W松井の『神7』入り、高柳、木本ほか選抜入りを意識しているメンバーの上位入りなど、更なる躍進に期待したい。 <取材・文/林健太 撮影/難波雄史>

ハッシュタグ




おすすめ記事