雑学

【東京スカイツリー】無料の絶景スポット教えます

東京スカイツリー 5月22日に開業した、634mの世界一高い自立式電波塔「東京スカイツリー」。開業当初はあまりの人気ぶりで予約もいっぱい、当日券の販売もない状況だったが、現在は平日入場分の追加販売があり、日によってはまだ余裕がある状況のようだ。

 人気なのは東京タワーよりも高い350mの天望デッキからの絶景だが、当日券(時間指定なし)は2000円、事前購入(日時指定券)だと2500円となかなかのお値段。しかも、450mの天望回廊にはさらに1000円が必要になる(いずれも18歳以上)。

「実はスカイツリーに登らなくても、無料で絶景とスカイツリーの両方を楽しめるスポットがあるんです!」と教えてくれたのは、流通ジャーナリストの金子哲雄さん。

金子哲雄

金子哲雄氏

「それが、スカイツリーの東側に隣接する31階建て、158mの『東京スカイツリー イーストタワー』です。低層階はレストラン&ショッピングフロア、13~29階まではオフィスフロアになっているのですが、30階と31階がレストランフロアになっています。特に30階はスカイツリーの第一展望台が目と鼻の先に迫り、圧倒的な迫力ですよ」

 ということで、早速、スカイツリーの横のイーストタワーに行ってみた。エレベーターで一気に30階へ。30階のスカイツリー側の壁はガラスになっていて、多くの観光客で賑わいに。窓際で少しかがむと、スカイツリーの展望台や最頂部まで見ることができる!高さも150mほどの位置で、眼下には東京ソラマチやプラネタリウムなどの「東京スカイツリータウン」が広がる迫力だ。

【画像】はこちら⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=227780

 高さではかなわないが、観光に行った際には“スカイツリーからは絶対に見ることができない絶景”を無料で楽しんでみてほしい。 <取材・文/横山 薫>

【金子哲雄氏】
流通ジャーナリスト。「ホンマでっか!? TV」(CX系)をはじめ、さまざまなテレビ、雑誌に登場。『食いっぱぐれない「働き方」のテクニック』など著書多数

食いっぱぐれない「働き方」のテクニック

「ヒト、モノ、カネ」の流れを知れば「働き方」は劇的に進化する。




おすすめ記事