雑学

ジムトレーナーが教える肩こり撃退ストレッチ

イヤ~な鈍痛から解放される誰でもできる肩こり撃退法(2)

ジムトレーナーが教えるストレッチ

 やはり肩こりには、「ストレッチこそ王道」と言うのは、前出のジムトレーナー足立氏。

「すぐにでも改善させたいならば、こり固まった肩回りの筋肉をリセットするしかありません。筋肉の縮伸運動を頻繁に行うことによって、血行がよくなったり、酸素がまんべんなく送られたり、老廃物などがうまく流れ出ていきます。今回、紹介するのは、簡単な負荷のかけ方です」

 てっきりキッツい筋トレに近いことをやらされるのかと思いきや、たった2セットのストレッチで十分なのだという。

「一日に数回でもいい。肩部分の僧帽筋と背中の筋肉のストレッチをして、血の巡りをよくすれば、肩回りの筋肉が弛緩されてリラックスできます。なにより、疲労物質が放出されますから、肩こりの原因になるストレスも改善されていきますよ」

 誰もが知らず知らずにやっているストレッチだが、説得力がある。

【サラバ度】★★★★☆


101019_CL2_20.jpg

両肩を上にまっすぐすくませ、あごはできるだけ引く。その後、座った状態で片手で椅子を掴み、もう片方で頭を反対側に反らす。首から肩にかけて伸ばすように。各10秒ずつ。「痛い。首の硬さを再認識」(Y)

101019_CL2_21.jpg

肩の位置に合わせた両腕を、肩甲骨を内側に縮ませるように反らす。その後、前屈の状態で椅子の上に座り、下部分を引っ張りながら背中を伸ばしていく。各10秒。「背中を意識することで呼吸がしやすくなり爽快!」(Y)

足立 光氏
101019_CL2_22.jpg
「六本木ボディプラント」代表。格闘技道場やフィットネスジムでトレーナーとして指導。一方でダイエットのカウンセラーとしても活躍

― 肩こりよ、サラバ!【5】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事