雑学

国民的アイス「ガリガリ君」をサワーで飲める居酒屋

― 酔っ払いの達人・大竹聡オススメの名店 その3 ―

週刊SPA!本誌にて連載中の「アホほど飲むな!」。『酒とつまみ』元編集長・大竹聡氏が、アホほど飲んじゃった愛すべき人々のおりなす人間模様を綴ったエッセイなわけですが、当欄では大竹氏「オススメの名店」についても少し紹介しています。

そこで日刊SPA!では、誌面に載った名店の魅力について、より詳しくご案内していきたいと思います。

◆釣り好き夫婦が営む本当に魚の旨い店

 3軒目となる今回は、今年で開業13年目を迎える「東京神田 釣吉」(週刊SPA!7月17日発売号にて掲載)。神田駅南口から歩くこと3分、扉に焼酎のラベルが貼られているのがこのお店。外から見るとこじんまりとした印象だが、中に入るとカウンター8席とテーブル2台(8席)に2階では宴会もできる座敷(25名)もある。

釣吉

小路をちょっと入ると見える赤提灯が目印

 カウンター上に は鰈の煮付けや総菜など大皿料理がいくつも並んでおり、どれも旨そうだが、ココに来たらぜひ魚の刺身を食べてほしい。というのも、主人の白澤さんは、夫婦そろって釣り好きで、ほぼ毎週末、相模湾のほうで釣りに行き、それを目当てでやってくるお客さんも多いというのだ。店内には釣り上げた大物の写真が貼られ、酒と一緒に魚トークが進む。

【料理の画像】はコチラ⇒https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=256022

◆ガリガリ君を贅沢使い!

 ご主人のオススメはほかに、ほんのり甘めの「牛スジキムチ煮込み」(450円)とボリュームたっぷりの「ニラ玉だし巻き風」(400円)ということだが、チャレンジしてほしいのが「ガリガリ君サワー(ソーダ味)」(350円)。サワーにそのまんま「ガリガリ君」が1本、豪快にぶち込んである代物で、シェイクのように溶かしながら飲む(食べる?)のが楽しい。

【ガリガリ君サワーの画像】はコチラ⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=256025

 神田に立ち寄りの際は、ぜひ訪れてほしい。……あ、ちなみに「ガリガリ君サワー」は「当たりが出たら、もう1杯サービスしますよ」(女将さん)ってのもうれしいですね(笑)。

ガリガリ君

コレが「ガリガリ君サワー」!清々しいほどそのまんま!でも旨いっ

東京神田 釣吉
【住所】東京都千代田区鍛冶町1-7-1
【電話】03-3251-6063
【営業】
月~木曜17:00~24:00
金曜・祝祭前日17:00~26:00
土日曜・祝祭日定休
釣り魚の情報は、HP(http://homepage2.nifty.com/winer/)をチェック!

撮影/菊竹 規 取材・文/おはつ(本誌)

週刊SPA!7/24・31合併号(7/17発売)

表紙の人/向井理

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事