デジタル

レコーダーの高速起動モードはエコじゃない!?

家電やガジェットに精通しているプロが、製品のどこに注目しているかを徹底公開!話題の商品を賢く購入するコツを、識者イチオシの製品と併せて見てみよう

◆オーディオ・ビジュアル評論家鴻池氏直伝!

【ブルーレイレコーダー】
高速起動モードの待機電力やスマホとの連携機能に注目

 最近はすべての製品に高速起動モードが搭載されています。高速起動モードを使うと、数秒以内に起動するので非常に便利ですが、意外な落とし穴も。高速起動モードでの待機電力が、電源をオンにしたときとあまり変わらない製品もあるので気をつけてください。また、最近の録画機だとLAN関連機能や、スマホとの連携機能にも注目。LANを経由したときの待機モード時の消費電力や、どんなスマホに対応しているかなどを確認しておきましょう

ゼン録 DVR-Z8

ゼン録 DVR-Z8

●ゼン録 DVR-Z8
バッファロー/5万円前後
地上デジタル放送を、24時間全チャンネル8日間連続録画できる。ブルーレイを内蔵していないので操作が簡単で、価格が安い。ブルーレイ搭載にこだわるなら全録機能はないが、パナソニックDIGAが人気

◆家電コーディネーター戸井田氏直伝!

【扇風機】
使用目的で機種を絞ってこだわりポイントで決める

 いわゆる普通の扇風機のほかに、空気を循環させるサーキュレーターがあります。扇風機だけで過ごすなら普通のタイプを選ぶといいですが、エアコンと併用するならサーキュレータータイプがオススメ。機種によって省エネ、快適性、使いやすさなどが違ってきます。自分のこだわりがどこにあるのか、よく考えて購入しましょう。私のイチオシは、扇風機とサーキュレーターの効果を持つシャープの3Dファン PJ-B2CSです

3Dファン PJ-B2CS

3Dファン PJ-B2CS

●3Dファン PJ-B2CS
シャープ/2万円前後
消費電力1.8~14Wと超省エネ仕様。首振り角度が大きく、サーキュレーターとしてエアコンとセットで使えば、夏の節電対策に効果的。本体2.4kgという軽さで、持ち運びやすいのも利点。台所や洗面所など狭い空間でも活躍する

【鴻池賢三氏】
オーディオ・ビジュアル評論家。雑誌やテレビなど多方面で活躍中。詳細は、http://allabout.co.jp/gm/gp/17/

戸井田園子氏

戸井田園子氏

【戸井田園子氏】
大手住宅メーカー勤務後に独立。家電などのコーディネーターとして活躍している。詳細は、http://allabout.co.jp/gm/gp/1/

取材・文/黒田知道 ※製品の価格はすべてSPA!編集部調べ
― 間違いだらけの家電選び(夏)【4】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事