マネー

大金持ちが大胆予測「2013年は東京に世界中のマネーが集中する」

欧州危機に増税……。今こそ、富裕層が独占する「カネの増やし方」を盗め

【資産:非公開】
◆イラン・イスラエル問題で日本独り勝ちを予測

石井 至氏

写真は東ティモールのシャナナ・グスマン元大統領と石井 至氏

 米系、スイス系の金融機関を経て、28歳でフランス系のインドスエズ銀行東京支社で「最年少マネージング・ディレクター」に就任。32歳で金融コンサルティング会社を設立し、世界の富豪の資産運用をアドバイスする石井至氏。駐日ルワンダ共和国大使館特別顧問、駐日ドミニカ共和国大使名誉相談役など、これ以上ない国際派だが、意外にも現在、資産は「円の現預金」に集中させているという。

「サラリーマン時代の給与・賞与で、家族全員が一生食べるに困らない資産を蓄えましたが、現在のポートフォリオは9割が現金。残り5%は不動産、5%が株ですね」

 なぜ預金、しかも「日本円」にこだわるのか?

「来年は、東京に世界中のマネーが集中すると予想しています。イランとイスラエル間の緊張が戦争に結びつく可能性は、残念ながら高い。仮にそうなると、欧州、とりわけイギリスやフランスはイランに向け空爆を始めるでしょう。イランは報復でロンドンやパリに反撃する恐れがある。一方、アメリカはイランのミサイルの射程圏外ではありますが、イラン攻撃のリーダーになるでしょうから、何らかの被害が予想される。そのうえ、いまだサブプライムローン問題が本質的には解決していません。 そのため、消去法的にアジア・オセアニアに世界の投資マネーが集まると予想されるのです」

 アジア・オセアニアが注目される中で「東京独り勝ち」が見込めるのは、なんといってもマーケット規模の大きさだ。その結果、「日本は、円高、株高、不動産高、債券高の全面高の可能性が大いにある」と見る。石井氏の見立てだと、東京が潤う一方で、欧米は壊滅的な危機が予想される。

「先の戦争リスクに加え、『PIIGS』の債務問題も山積み。債務規模を考えると、ギリシャはマネージャブルなサイズでしたが、スペインは大きすぎで、ドイツとフランスでは面倒を見きれません。となると、EUそのものが崩壊する可能性が高く、1ユーロ=70円も大いにあり得ます」

 そこで、ユーロを底で買う準備をしている。他方、先の戦争の可能性を踏まえ、1バレル=200ドル以上の原油高も見込む。氏の予測は大胆に見えるが、1年の3分の1を海外で過ごす徹底的な「現場主義」のため、説得力がある。

「ジム・ロジャーズのマネをしているわけではありませんが、気になることやエリアがあれば実際に足を運び、人の話を聞くのが流儀。インターネットの情報はバイアスがかかっているため、かえってネット(純額)の情報が不足する傾向にありますからね」

【現在のポートフォリオ】
●現預金 90%
●株 5%
●不動産 5%

【投資先】
イラン―イスラエル間の緊張から戦争勃発で原油高、日本市場全面高、超ユーロ安に!

シックス センス ジギー ベイ

石井氏はパラグライダーでチェックインするオマーンのホテル「シックス センス ジギー ベイ」にも宿泊!

【石井 至氏】
東京大学医学部卒業後、外資系金融機関を経て独立。名門校への合格率が高い「アンテナ・プレスクール」も運営。著書に『グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論』『慶応幼稚舎』など

― 金融資産1億円以上[大金持ち]だけが知っている投資先を大公開【4】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事