雑学

神頼みと他力本願。強欲なのはどっち!?

欲望溢れるスポットを、訪ねてみた!
話題のパワースポット、海外ブランドのファミリーセールに
自己啓発セミナーなど、各地にダダ漏れする欲望をウォッチ!

【お金が欲し~い!】

 日本国民の願いは、「景気回復」である。が、それもなかなか叶わず、金運向上も神様にすがるのも仕方なしか。一攫千金を狙う人も少なくなく、勝負事にご利益があるところにも人が集う。

 まずは、下町にある鼠小僧を祀る寺。鼠小僧の墓の前に立つ石を削ってお守りにすると勝負運が上がるといわれている。

 我々が訪れたときはちょうど、中年男性3人組が必死にガリガリやってる。「まだ削るのかよ!」とからかい合いつつ、「ブエナビスタ来い!」と高揚していく。また、その後訪れた勝負師風の男性は、削った石を入れようとピルケースの薬をその場にポイッ。日が傾きかけた境内に、ガリガリガリ……という音だけが響いていた。

 また、東京一の歓楽街近くにある神社も、平日にもかかわらず、訪れる人は絶えなかった。

ロト6の一等が必ず当せんしますように」、「宝くじ当せんありがとうございます。またよろしくお願いします」といった絵馬を見ていると、「都営住宅当たりますように」という願いが慎ましく思える。

 そして、賽銭箱の脇に置かれたノートをめくると……「生きていけますように」の文字。今や、この国では生死も神頼みなのか!?

 そろそろ帰ろうとふと見やると、30代ぐらいの女性が5分間以上も手を合わせている。彼女は何を祈っているのか。

神頼み以上の他力本願。ある情報商材の場合

 神様にすがる人もいれば、儲け話に乗っかる人もいる。そこに溢れる欲望を垣間見ようと、「億万長者になる!」と謳う情報商材を購入。賽銭よりはるかに高額な身銭を切ってまで、「金持ちになりたい!」と切望する人々が訪れる掲示板を覗いた。

「大阪在住の72歳です。ネットビジネスを始めたいのですが、年配者にお勧めは?」と、金銭欲は枯れることを知らず。「兼業トレーダー歴10年ですが、不況でマイナス傾向です。まずはスリーミニッツキャッシュの確実に増える購入方法を教えてください!」と、欲望はすでに野心と化していた。

 が、その一方で、「ネットビジネスで生計を立てたいと思っています。が、バナーの貼り方がわかりません」というPC初心者や、「会社が倒産しそうです。ネットビジネスを本業にしようか悩んでいます。どうしたらいいでしょう」という20歳の社会人もいて。両者とも、商材にすがる前に、行くべきところがあるだろう。

 そのほか、「松ぼっくりって海外で売れるって本当?」「クレジットカードって登録して大丈夫?」など中学生レベルの相談もあり。神頼み以上の他力本願。もう少し、自分で考えようよ、と思わずにはいられないのだった。

101221_BKR_06.jpg

「勝負運」に加えて「するりと入れる」とかで、受験生や就活中と思しき人の姿も

― [強欲すぎる願掛け]に唖然!【4】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事