雑学

マックの裏メニュー“塩バーガー”の注文方法とは

杓子定規なイメージが強い飲食チェーン店だが、実は細かいニーズに応えてくれる店が少なくない。そんな常連や店員だけが知る『裏メニュー』の驚くべき味とは?

◆ハンバーガーショップ

「基本的にマスタード抜きやピクルス抜きといった『抜き系』以外はできないので、あんまり裏メニューとかはないと思いますよ」と、のっけから否定的な発言をするのは高校、大学の約7年間、地元のマック一筋でバイトを続けたという木田晃介さん(仮名)。しかし、詳しく話を聞いてみると意外な裏メニューの存在が……。

「絶対にお客さんに出すことはできませんが、僕が一番好きだったのはフライドエッグ。よく期間限定で発売される『月見~』用のゆで卵を、ポテトを揚げる油に入れて作ります。社員さんがいる前ではできませんが、そのまま食べても、ハンバーガーに入れてもウマいので結構病みつきになって食べていましたね。そのほかにもシェイクのミックスなどはよく試していましたね。チョコ+ストロベリーがお菓子のアポロのような味がして結構おいしかったのを覚えています」

 まさかマックにも”まかない飯”があったとは! そのなかでスタッフ以外でも楽しめるものはあったりするのだろうか。

「ハンバーガーからケチャップとマスタードを抜いた通称『塩バーガー』が一時、店員の間で流行ってましたね。あとは『シェイクディップ・ポテト』。フライドポテトにたっぷりとシェイクをつけて食べるのですが、塩気と甘味のバランスが結構クセになります。いろいろな味を試しましたが、一番マッチするのはバニラ味でした」

 ちなみに店頭で「塩バーガーをください」と告げても、キョトンとした顔で聞き返されるのがオチ。このシンプル味を味わいたい場合は、「ハンバーガーのケチャップ、マスタード抜きで」と丁寧に注文をする必要がある。

◆シェイクディップポテト

シェイクディップポテト「アメリカの人気ドラマ『プリズン・ブレイク』の登場人物が食べていた」とのこと。カロリー、塩分、糖分のいずれも一気に摂取してしまうなんともアメリカンなフード

― チェーン店の(裏)メニューガイド【4】 ―




おすすめ記事