Kindle・kobo・ニコニコ、3ストアの特徴と課題

 注目の電子書籍ストア、Kindleストア、koboイーブックストア、ニコニコ静画(電子書籍)。3ストアの特徴とこれからの課題をストアごとに紹介する。

⇒比較表はコチラ(http://nikkan-spa.jp/319904)

◆ Kindleストア

Amazon,Kindleストア

古典文学は青空文庫で無料でも読めるが、有料の文庫(Kindle版)も併売されている

 Kindleストアの特長は、無料本の充実、ランキングの見やすさ、紙版と合わせた検索のしやすさ、価格の安さだ。3ストアで取り扱いのある人気コミック『テルマエ・ロマエ』1巻は、215円(定価714円・70%OFF)と、他ストアより大幅な値下げでランキング1位をオープン時から継続中だ。ちなみに、koboは429円、ニコニコは450円(ポイント)となっている。他にも、一般書籍でも大幅な割引率の作品も多い。紙版と同価格の作品には、「出版社により設定された価格です」という表示があり、価格決定権を出版社側が握っている場合も多いようだ。この表示がない作品についても、紙版の価格と比べて何%オフか確認できるので、電子書籍版のお得度が実感できる。

 古典文学は、Amazonトップページから検索すると、Kindle版と紙版が一画面に並んで表示される。扱いに差がないのだ。たとえば、太宰治の『人間失格』を検索すると、漫画家の小畑健が表紙イラストを手がけた文庫版(270円・Kindle版256円)などと並んで0円のKindle版が表示される。検索結果には、Kindle版があっても文庫版の価格が表示される点にも注目だ。もちろん文庫版には解説がついている点など、違いはあるものの、大量に読書をしようと思った場合、多くのユーザーが0円で読める方をクリックするのではないだろうか。今後、古典文学の文庫版の売上への影響に注目したい。

 さらに、紙版のストアと扱いが並列であるだけでなく、Kindle版がない作品については「Kindle化リクエスト」ボタンが設置されており、リクエストを送ることも可能だ。たとえば、人気で即完売となり在庫切れになった雑誌、絶版となったマンガ、1990年代に発売されてプレミア価格がついている作品などがほしいと思った場合にリクエストを送れば、Amazonから発行者へと伝えられるようになっている。リクエストが多ければKindle化もあり得るのではないだろうか。

◆ Koboイーブックストア

 Wikipediaの人物記事を電子書籍として配信、配信点数を水増ししているとして問題となったkobo。その後、該当作品を削除したものの、数々のトラブルで厳しいスタートとなった。しかし、ストア自体の使い勝手の良さやベストセラー作品のライナップでは他ストアより優れているともいえる。

 たとえば、映画にもなった『桐島、部活やめるってよ』など最新作もいち早く電子書籍化している点や、『鉄道員(ぽっぽや』など浅田次郎ほか人気作家の作品が充実している点などだ。PCやスマホなどを普段使い慣れていないユーザーが、koboをはじめて手にとったとき、“読みたい本”があるかどうか。そこに重点が置かれているのだ。

 また、使い勝手の良さという点では、作品の個別ページから、シリーズ作品の一覧ページへの移動が簡単に行える点が優れている。たとえば、『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ著)。koboでは、『テルマエ・ロマエ4巻』から、テルマエ・ロマエの既刊一覧とヤマザキマリの作品一覧へのリンクが用意されている。

◆ ニコニコ静画(電子書籍)

 2011年11月から無料コミック雑誌を展開していたニコニコ。Kindleストア(日本)のオープン前日の2012年10月24日に有料コミックの販売を一挙スタートし、再び熱い注目を集めている。特長は、コミックの点数と無料コミック雑誌や100円作品の充実だ。ニコニコの他サービス(動画・生放送・チャンネルなど)で利用できるニコニコポイントが利用できる点も大きい。ニコニコヘビーユーザーである若年層にとっては利用しやすいだろう。コメント機能もあり、ページごとに感想や内容の検証など、新しい読書体験もできそうだ。

 iOSアプリでは、アプリ内課金で「ニコ書券」(500pt〜)を購入することで、アプリ内でスムーズに作品の購入・閲覧が可能だ。しかし、Appleによる制約のため、ニコニコポイントでの購入はできない。また、作品の一覧性に乏しく、作品の個別ページから、作者やシリーズの作品一覧を表示することはできない。しかし、出版社ごとに人気作の充実、割安のレンタル版(180日間のみ閲覧可能)、人気作品を集めた無料コミック雑誌の独占配信など、ニコニコ独自のカラーが出ている点で期待は大きい。

 また、動画や生放送の下にユーザーが追加できる「ニコニコ市場」にニコニコ静画(電子書籍)の商品が追加できない点も痛い。アニメ公式チャンネルだけでも早く対応してほしいところだ。これからのアップデートに期待しよう。

 3ストアともに、コミック最新刊の同時発売や少し遅れての取り扱いがない点など、まだまだ課題は多い。まだオープンして間もない3ストアが、これからどの様な展開をしていくのか、電子書籍の普及につながるのか、注目していきたい。 <文/林健太>




おすすめ記事