ニュース

反日祭りが終わった中国、不買運動収束の糸口は“エロ”にある!?

中華人民毒報 下馬評通り習近平が総書記に選出され、政権が代わった中国では2か月前に吹き荒れた反日の嵐はすでに過去のものとなりつつある。

 公安当局によると、10月以降、大規模な反日デモは確認されておらず、北京の日本大使館前のデモ隊対策のバリケードも、11月半ばに撤去された。

 日系企業各社が不買運動に泣かされたビジネス界でも、反日の影響は下火となりつつある。『北京青年報』(11月15日付)によると、襲撃事件の多発や不買運動によって9月以降鈍化していた日本車の販売台数も回復傾向にあり、日産やホンダなどは通常の8割ほどにまでシェアを回復しているという。

 反日による業績悪化からの脱却について、上海市内で日本料理店を営む津森隆さん(仮名・44歳)もこう話す。

「10月までは売り上げが3分の1に激減していたが、反動からか、今ではデモ前の2割も売り上げが伸びている。中国人客の中には、『反日デモのさなか、しかたなく韓国料理店などでマズい刺し身を食って、逆に日本料理のすばらしさに気がついた』と話す人もいます」

 大連市に住むIT企業経営・川副満彦さん(仮名・39歳)も言う。

「中国人向けの就職説明会を開催したら、なんと昨年の倍以上の応募があった。大連では日本企業なしに地元の雇用は成り立たない。お祭りとしての反日が終わり、地元の若者も現実的になってきた」

 大連市の留学生・町田浩太さん(仮名・28歳)の周りにも、“日本回帰”の動きが広がる。

「反日デモ以降、中国の動画投稿サイトでは、大量に無断でアップされていたアニメやAV、連ドラなど日本産コンテンツが一旦すべて削除されてしまった。私の周りの中国人AVファンは、『愛国のため』と、しばらくは台湾・韓国のAVや流出もののハメ撮り動画で我慢していた。しかしそれもつかの間、今では『やっぱり日本製でなければ』と仕方なく海賊版DVD屋で日本の新作AVをこっそり購入しています。日本製品の不買運動収束の糸口は意外にもエロにあるのでは?」 

 一方、もうひとつのエロの世界では、日本人の客としての価値も再確認されたよう。広東省東莞市のメーカー勤務・高島功夫さん(仮名・36歳)の話。

「先月まで『犬と日本人はお断り』と張り紙がされていたエロサウナのマネジャーが、最近になって営業電話をかけてきた。彼曰く『この街の風俗産業は、スケベで金払いのいい日本人がいないと成り立たない!』と。褒められているのかけなされているのかわかりませんが(笑)、実際に行ってみたらサービスがよくなっていました」

 わずか2か月前。各地で発生した敵愾心剥き出しの反日デモからは、まるで嘘のような状況の変貌ぶりだろう。「トラブル孫悟空」の愛称でもおなじみ、中国人ジャーナリストの周来友氏はこう語る。

「恋愛の世界でも、ケンカ別れして、初めて相手のよさがわかるというもの。今回の反日デモで、日本と中国はお互いが唯一無二のパートナーであることを確認しあった面もあるのでは」

 日中が恋人かどうかはともかく、大企業から一般人まで、戦略的な互恵関係を築くことが問題解決の鍵となるかもしれない。

<取材・文/奥窪優木>

週刊SPA!連載 【中華人民毒報
行くのはコワいけど覗き見したい――驚愕情報を現地から即出し

中華バカ事件簿

激動の現代中国社会をイッキに覗き見!中国実話120選




おすすめ記事