R-30

女がグッとくる「男の仕草」ベスト5

お金があったとしても、モテなかったら充実の人生とはいえない。とはいえ、30歳を超えて合コンに誘われる回数も減り、体はオヤジ化の一途を辿り、出会いの可能性すら消失しつつある昨今。いったい、どうすればモテ度を倍増させることができるのか? モテ度を倍増さえ幸せを掴む手法とは、この世知辛いご時世に本当に存在するのか!? “モテの極意”に精通した達人たちにご教授願った!

◆準備篇「モテ仕草で魅惑度倍増」
<「手」は口ほどにものをいう。女はその動きを観察して妄想する>

塚越友子氏

塚越友子氏

「男性の手は、その人の女性に対する扱い方を映し出す鏡」

 そう話すのは、元人気ホステスで現・心理カウンセラーの塚越友子氏だ。

「女性がまず男性のどこを見るかというと、“手”です。その手の動きから、デート時や“その後”の扱いを連想するわけです。例えば、ものをぞんざいに扱う男性を見た女性は、『雑に扱われる』『汚される』と解釈して萎えます。逆に、居酒屋でメニューを丁寧にめくったり、お絞りを使用後に畳むだけで、“女性に誠実な男性”と評価されます」

 手の仕草で女性の視線を釘付けにしたら、次なる押しの一手は?「差別化です。古典的ですがネクタイを緩めたり、または腕時計を外す。“オフ”を演出すれば、女性に『私だけに気を許してくれた』と思わせることができるんです」

 しかし、ルックスや経済力に劣等感を抱いている人は注意が必要。「自信がないと徐々に視線が下がりがち。女性の目を見て話すのは当然ですが、気まずくても“上”に外してください。これだけで相手には“自信のある男性”に映りますよ」

◆女がグッとくる仕草ベスト5
・飲食店でメニューをゆっくり丁寧にめくる
・腕時計をおもむろに外して腕をまくる
・目が合ったときに何も言わず笑顔を返す
・上を見て思案顔する
・女性の飲み残しを飲み干してあげる

<極意>
妄想力ある女にこそしなやかな手の動きで人格者アピール!

【塚越友子氏】
心理カウンセラー。東京中央カウンセリング代表。社会心理学をベースにした独自のカウンセリング手法に定評あり。水希名義の著書に『モテる男の即効フレーズ』など多数

― OVER35[モテ度]倍増(裏)計画【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事