雑学

24系ブルートレイン「ニコニコ超会議号」チケット完売【ニコニコ超会議2】

 4月27、28日の2日間、幕張メッセで開催されるニコニコの超巨大リアルイベント『ニコニコ超会議2』。イベントにあわせ、今年も大阪〜上野間で24系ブルートレイン『ニコニコ超会議号』が臨時運行される。そのチケットが本日20時より発売され、約1時間で完売、すでに購入できない状態となっている。

 2月11日にニコニコ生放送にて鉄道特番が放送され、昨年からの大きな改善、乗車特典など、鉄道ファンにはたまらない情報が公開され、注目が集まっていた(http://nikkan-spa.jp/385607)。特に、発車時刻を19時台になったことにより、昨年は退社時間の関係で諦めていた人も今年は参加できるようになった点は大きい。

ニコニコ超会議号 2013

昨年のニコニコ超会議号

 昨年のニコニコ超会議号では、ふつうのブルートレインとは違い、乗客たちによる特殊な楽しみ方に驚かされた(http://nikkan-spa.jp/202492)。昨年の“5号車”の乗客、高志の民くん(22歳・大学生)に、昨年の様子を振り返ってもらった。

「5号車だけはなぜか異質な空間でした。他の号車は深夜帯になるとおやすみモードで、いかにも夜行列車って雰囲気を漂よわせる中、5号車だけは宴会モード。ニコ生はもちろん、ゲーム大会や、10人以上で酒盛を開いている人もいました。他の号車の人が飲食物を持って、5号車にきていたので常に酒と食べ物が供給されており、それが活気につながっていました。もちろん、皆さんほとんど寝ていません。寝台列車なのに(笑)」

 そんな5号車の乗客たちは、彼以外にもチケットを無事に確保していた模様。今年は昨年同様、鉄道模型を車内で走らせるほか、超会議会場の『ニコつく3』でも鉄道模型ブースを出展予定だという。鉄道を愛する人々が、今年も超会議号でどんな楽しみ方をみせてくれるのか。期待しよう。

<取材・文・撮影/林健太>




おすすめ記事