デジタル

初ツイートは何だった? Twitterへの全投稿がダウンロードできるように

初ツイートは何?

初ツイートは何だった?

 本日(3月22日)、Twitterブログ(日本語)にて、自身の全ツイート履歴をダウンロードできる機能が、日本国内のユーザーにも提供開始されたことがアナウンスされ、さっそく利用できることが確認された。Twitterで「初ツイート」と検索すると、「私の初ツイートはこれです」という投稿が多数みうけられる。

 筆者も調べてみたところ「各駅で帰り中」という淡白な初ツイートであったことがわかった。急行だと座れないため各駅停車に乗り、暇つぶしにTwitterアカウントを作成したのだろう。「はじめたなう!」や「ふぉろみー」など、テンション高く、見返すと恥ずかしい感じでなかったことが悔やまれる。

 Twitterの日本語対応が開始されてから早いもので約5年。Twitterを利用している人は、いつ始めたのか、初ツイートは何だったのだろうか? その調べ方を紹介する。

 「全ツイート履歴」の使い方は簡単。Web版のページをブラウザで開き、右上の歯車マークをクリックし「プロフィールを編集」を選択。開いたページ左側の「ユーザー情報」をクリックし、ページ下部にある「全ツイート履歴をリクエストする」をクリック。しばらくすると登録しているメールアドレスにダウンロードURLが記載されたメールが届くので、そこから全履歴が入ったファイルをダウンロードすることができる。ダウンロードしたファイルはZIP形式の圧縮ファイルになっており、解凍後に「index.html」ファイルをクリックするとブラウザにて全ツイートを月別で閲覧することができる。

⇒ 【画像】全ツイート履歴取得手順(http://nikkan-spa.jp/408681/tw1_01)

 こちらは、Twitterの公式機能だが、他にもTwitterの利用履歴を確認する方法は存在する。

 たとえば、「いつからTwitter?」というWebサービス。いつツイッターを始めたか、始めてから今日で何日目か、世界で何人目のユーザーか、ユーザー登録不要ですぐに確認することができる。

いつからTwitter?

いつからTwitter?

 さらに、自身のツイートのなかで、どんなツイートが人気だったのか調べられる定番サービスが「favstar」。自身の「お気に入り登録」された(ふぁぼられた)過去のツイートが確認できるほか、いま最も人気のツイートや、友達が「お気に入り登録」したツイートなども閲覧できる。

favstar

favstar

 ツイートを自動的にブログ形式で記録してくれる定番サービスは、「twilog」。フォロワー数の推移や、ツイート時間・曜日・月などの分析も行えるので、Twitterを長期間使っているユーザーほど、自身のTwitter利用の傾向が一目でわかる。公式サービスと同様、全ログをCSV形式でダウンロードすることができる点もうれしい。

twilog

 他にも、Twitter関連サービスは多数存在する。非公式のサービスでも、十分に過去のTwitter利用履歴をさかのぼることはもちろん可能だ。しかし、Twitter自体の仕様変更、サービスの終了や内容変更など、現在利用できているサービスが常に安定して使えるとは限らない。今回のように、非公式サービスで広まったニーズが、公式サービスにも反映されていくという流れが、今後も続き、ユーザーにとってより利便性が高いサービスになっていくことを願う。 <取材・文/林健太>

●いつからTwitter? http://www.midnight2d.com/itsukara/
●favstar http://ja.favstar.fm/
●twilog http://twilog.org/




おすすめ記事