エンタメ

【篠田麻理子卒業コンサート画像集】麻里子さまの卒業公演を契機に、松井珠理奈が大きく飛躍する

篠田麻里子

篠田麻里子。在籍7年半というAKB48としての歴史に幕を閉じた

 7月20日・21日と行われた「AKB48 真夏のドームツアー 〜まだまだやらなきゃいけないことがある〜」in福岡ドーム。そして、22日に秋葉原のAKB48劇場で行われた卒業公演を持って篠田麻里子がAKB48を卒業した。

 卒業公演では最後に歌う曲が「あなたがいてくれたから」だったところを、気持ちが高まったのか、「ここにいたこと」と間違える場面もあり笑いを誘った。また、マイケル・ジャクソンに認められた唯一の日本人ダンサー、ケント・モリが篠田の卒業を祝うために緊急帰国。「プラスティックの唇」をケントが振付を担当したこともあり、この卒業公演での共演が実現した。

 最後の最後に「卒業やめます。……というのは嘘で」と言い、高橋みなみから「最後までお茶目な人ですね」と言われたように、一番年上のメンバーだったこともあり、大人っぽくクールなイメージの強い彼女だが、愛らしく天然な面もある。そのギャップもまたファンの心を強く惹きつけたのだろう。そんな篠田麻里子を誰よりも特別に思っていたのが、松井珠理奈だ。

 「大声ダイヤモンド」のジャケット撮影で「麻里子さま」と叫んだ話は有名で、21日の福岡ドームでも、ポスト麻里子さま宣言をするなど要所要所で愛情を見せ続けていた彼女。卒業コンサートとなった21日の福岡ドームでは、逐一篠田に寄り添い、一緒にステージに居られることを精一杯楽しもうとしているようだった。そんな篠田が卒業することは彼女にとって非常に大きいとは思うが、SKE48、AKB48それぞれのメンバーと支え合い、今後も麻里子さまとの別れをバネに大きく成長していって欲しい。

松井珠理奈,篠田麻里子

松井珠理奈と篠田麻里子

⇒麻里子さまと珠理奈の写真はこちら
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=480079


⇒その他、ケント・モリとの共演ステージなど、コンサートの様子はこちら
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=480114


取材・文・撮影/ヤスオ 機材協力/TAMRON(SP AF200-500mm F/5-6.3 Di LD [IF])

ハウス 「具がごろごろ篠田家カレー」

篠田家のを自宅で楽しめる!

Dream&Love

ケント・モリ自ら書き下ろす衝撃の自叙伝




おすすめ記事