エンタメ

石原さとみ、貫地谷しほりetc.芸能人の美女と結婚する“一般男性”の共通点

 2003年公開の映画『わたしのグランパ』でデビュー以来、2016年公開の映画『シン・ゴジラ』や2018年1月から放送のドラマ『アンナチュラル』(TBS系)など、数多くの作品やCMに出演している人気女優の石原さとみ。そんな石原は今年の10月1日に年内の結婚を発表。その相手が著名人ではなく、会社員として勤務している一般男性であったことは、日本中に衝撃を与えた。
アンナチュラル

画像は『アンナチュラル Blu-ray BOX』TCエンタテインメントより

 石原は直筆のメッセージで結婚について報告しており、文章内では「お互いの理解を深めていく中で、彼となら様々な事を共有しながら、どんな困難も乗り越えていけると確信いたしました」と、その思いを綴っている。  一般の人間と結婚した女性芸能人は、石原のほかにも数多い。そこで気になるのが、芸能界で活躍する女性たちのお眼鏡に適う男性とは、いったいどのような人間なのかということだ。今回は一般男性との結婚を発表した女性芸能人を、彼女たちが好意を寄せた夫についてのコメントを交えつつ紹介していこう。

石原さとみ:所属事務所が明かした結婚相手の特徴

andGIRL

画像は『andGIRL 2020年05月号』(エムオン・エンタテイメント)

 石原の結婚相手の人物像については、所属事務所が寄せた回答からも明かされている。それによれば、石原とは同世代で、疑問を解いていくプロセスを楽しむ心や、食事などの好み、家族への考え方など、大事にしている価値観で重なる部分が多い、明るい性格の持ち主なのだそう。  婚姻届の提出は年内を予定しており、同居や妊娠はしていないとのこと。結婚した石原がこれからどのような活躍を見せるのかも、楽しみなところだ。

貫地谷しほり:「素朴で優しく、どんな時も冷静に判断ができる」人

貫地谷しほり

画像はワニブックス『カンジヤノハナシ 貫地谷しほり写真集』より

 女優としてさまざまな作品で活躍している貫地谷しほり。2020年1月から放送を開始したTBS系のドラマ『テセウスの船』では、主人公の姉で、殺人犯の子である事実を隠すために顔と名前を変えたという壮絶な背景を持つ女性を演じたことで注目された。  そんな貫地谷は、2019年9月24日に以前から交際していた一般男性との結婚を発表。貫地谷は直筆のコメントで相手を「素朴で優しく、どんな時も冷静に判断ができる」と評していた。  また、2020年7月14日に放送された『ごごナマ』(NHK)に出演した際には、結婚相手は以前理想のタイプと話していたマッチョな男性ではなく、痩せた体格であると告白。番組内では、新型コロナウイルス禍のステイホーム期間中に夫婦の絆が一層強まったとも語り、夫婦円満な様子を覗かせた。
次のページ
旧知のロケバスドライバーに自らアタック
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事