エンタメ

お台場を熱狂させたフレッシュな2組に注目!【TIF2013フォトレポート】

 7月27,28日に行われた『TOKYO IDOL FESTIVAL 2013(TIF2013)』。出演アイドル111組が7つのステージで歌い踊るこのイベント。ここでは日刊SPA!TIF取材班のイチ員である、DDマツが今もっとも注目しているアイドルの中の1つであり、個人の体感として2日間が終わってからもっとも話題になっているグループの一組である『RYUTist』と『おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!』のステージの模様をお届けします。個人的にやや熱が入り過ぎになってるかもしれませんが、ご容赦ください!

【RYUTist】

RYUTist

RYUTist

 はじめに紹介するのはTIF最終日、最後のステージが終わってから話題騒然となり、一時Twitterのトレンドにもランクインした『RYUTist』。新潟のローカルアイドルとして活動するRYUTist。現在東京でのイベントにも積極的に登場するローカルアイドルが数多くいる中、東京での露出に注力せず、地元新潟のライブハウスや地元のお祭等で毎週末地道な活動を続けてきた彼女たち。

 一見地味な活動をしているように見える彼女たちだが、公式HPによると、なんと曲のレパートリーは79曲!(オリジナル37曲カバー42曲)という多さ。しかもカバーする曲も聖飢魔IIからBON JOVI、藤井隆と幅広く、とても10代の可愛い女のコが歌って踊ることが想像できないような曲まであるのだ。

 そんな彼女たちが立ったのは大空の元、最高のロケーションでライブを楽しめる「AZURE STAGE」と、最終日の最後のシメ(※)を任された「SMILE GARDEN」の2ステージ、6か月連続CDリリースの第1弾として発表された『哲学するのだ』や、夏の終わりにピッタリのカバー曲『若者のすべて』(フジファブリック)、そしてファンと次のステージでまた会えることを願う歌詞が涙腺を刺激する『ラリリレル』などを披露。RYUTistファンはもとより、初見と思しき通りがかりのTIF参加者のハートもガッツリ掴んだ「SMILE GARDEN」でのステージは特に印象的だった。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=485259

(※その後27日の雨天の関係で他のグループがRYUTistよりあとの時間帯を担当することが発表された)

【おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!】

おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!

おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!

 平井理央や、ベッキー、あびる優を輩出したことでも有名な、テレビ番組「おはスタ」おはガールによるユニット。キャッチコピーは、「朝会えるアイドル」。『ニコラ』のモデルである岡本夏美、あの平愛梨の妹の平祐奈、女優としても活躍する吉川日菜子の3人からなる。平均年齢14.3歳のフレッシュなグループ。リボンを使ったダンスが特長。

 そもそもは「おはスタ」のおはガールだということからも分かるように、小~中学生向けに結成されたユニットではあるが、圧倒的なビジュアルや楽曲のクオリティ、パフォーマンスの新鮮さから“大きなお友達”からの支持を受けるようになり、アイドルイベントにも出演するようになった彼女たち。

 そんな彼女たちのライブは前述のとおり、リボンを使って行われるのだが、これが素晴らしく、くるくる回したり振り回したりする華麗な振り付けから、あやとりのようにリボンを使って図形を作ったりと、展開していく様を見ているだけでも楽しい。それに加えて去年発売の『こいしょ!!!』や新曲『夏サンキュ!!!』など、彼女たちの曲には、爽やかながら盛り上がる曲調のものが多いため、会場のボルテージはマックスに。本来の会場であるヴィーナスフォートの教会広場に入りきらなくなったファンが教会広場に通じる通路にまで大挙し、買い物を楽しみに来た一般的なお台場観光客を驚かせていたのも印象的だった。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=485473

DDマツ【DDマツ】
日刊SPA!編集部の雑用係。日刊SPA!『週末アイドル情報』担当。AKB48をきっかけにアイドルオタクになる。その後色々なアイドルを見るうちにDD(誰でも大好き)化していった。本記事はもっと多くのアイドルを紹介する予定が、熱が入りすぎて2組だけになってしまったという残念な男

<取材・文/DDマツ 撮影/西田周平>




おすすめ記事