雑学

池袋がブラジル一色に染まる巨大イベントが開催中

Festa do Brasil,池袋,ブラジル ブラジルの独立記念日である9月7日、東京・池袋のサンシャインシティで「Festa do Brasil」のオープニングセレモニーが開催された。このイベントは、日本では初となる、巨大施設をまるごとブラジルをテーマとした壮大なもので、10月14日(祝)までの約5週間、池袋がブラジルカラーに染まる。

 セレモニーには2月にサンパウロで行われたカーニバルで地元チームの衣装を担当し、自ら参加したデザイナーのコシノ・ジュンコ氏、世界的な大ヒットとなったブラジル人アーティスト、ミッシェル・テロの「Ai Se Eu Te Pego」をカバーし、ブラジル文化広報大使に任命された、遊助氏が登壇。サンバダンサーやサンバ隊とともにイベントをアピールした。

 本企画のメインとなる「リオ・サンバカーニバル ミュージアム」はリオのカーニバルで使用された実際の衣装を約20着を展示。歴史の解説や、臨場感溢れる実際の映像や写真、実際に使われる楽器に触られたり、サンバの音楽を自由に視聴できたりと、日本にいながらにしてカーニバルが体験できる展覧会となっている。またコシノ・ジュンコ氏デザインのカーニバル衣装も展示されている。

⇒【写真】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=504515

 また、この期間サンシャインシティは関連イベントが多数開催される。サンシャイン水族館では「アマゾン展〜赤い大河と生き物たち」と題し、アマゾン川に棲息する生物を展示。肉食魚ピラニアや巨大魚ピラルクー、世界最小級のサル・ピグミーマーモセットなど珍しい生物が鑑賞できる。また、水族館内のカフェでは限定で「ピラニアの姿揚げ」が提供される。

⇒【写真】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=504519

◆フリーライブが開催。リンダIII世も出演!

 館内のライブステージではブラジルに関連のあるミュージシャンがフリーライブを開催する。ボサノヴァシンガーの小野リサ(9/16)、THE BOOMの宮沢和史(9/22)、先日東京進出を果たしたブラジル人アイドルユニットのリンダIII世(http://nikkan-spa.jp/482799)(9/21)やカポエイラの演武なども行われる。

 14日(土)にはサンシャイン60通りでサンバカーニバルを開催。8月31日に行われた浅草サンバカーニバル優勝チーム、ウニアン・ドス・アマドーリスを含む10チームが出場。池袋を熱狂のカーニバル会場へと変える。

◆肉食ビアガーデンも出現

 9月に2度ある三連休(9/14~16、21~23)には、ビアガーデンが屋外特設会場に出現。鉄串に肉のかたまりを刺して焼いた名物料理「シュハスコ」や、豆の煮込み「フェイジョアーダ」などが、ブラジル産のビールやオリジナルカクテル「カイピリーニャ」などとともに楽しめる。同時にブラジルの映画祭も開催。新旧の10本を上映。最高峰のシアターシステムでブラジルの今を映した、映画が楽しめる。

 2014年のFIFAサッカーワールドカップ、2016年のリオデジャネイロオリンピックとまさに今が旬のブラジル。奇しくも2020年のオリンピックの開催が決まった東京へバトンを渡す役割となった、ブラジルを知るには絶好のイベントだ。 <取材・文・撮影/遠藤修哉(本誌)>

●サンシャインシティ「Festa do Brasil(フェスタ ド ブラジル)」
9/ 7(土)~10/14(月・祝)
http://sunshine-brasil.com/




おすすめ記事