エンタメ

リンダIII世東京初ステージで衝撃走る【TIF2013フォトレポート】

 日刊SPA!で取り上げてきた、群馬県在住の日系ブラジル人ガールズユニット「リンダIII世」がTIFのステージで念願の東京初進出を果たした。リンダIII世はこれまで、活動を群馬県限定としており、最近はメディア露出こそ多いものの、依然謎に包まれた存在ゆえ、その一挙一投足に注目が集まった。

 朝10時。TIFのメイン会場となるZeepTokyoの「HOTSTAGE」には開演を前にして長い行列ができていた。列の先頭には黄色と緑の「ブラジルカラー」のTシャツを身にまとったリンダIII世のファンと思しき男性陣が開場を今や遅しと待ち構えていた。

 10時半、あっという間に満員となった会場。およそ2000人のアイドルファンが固唾を飲むなか、2日間に渡るTIFのメイン、HOTSTAGEのこけら落とし。そしてリンダIII世の東京初、いや群馬以外初ステージの火蓋が切って落とされた。

「21世紀初頭、世の中はアイドルブームとも、アイドル戦国時代とも呼ばれ、人々は毎週のようにお気に入りのアイドルライブに通い、その歌声や踊る姿を楽しみ、握手をし、グッズ等を購入している……それについて特に意見はありません……」謎の男性のナレーションと共に流れるPV。「かつてアントニオ猪木は力道山から『お前は日系ブラジル人』で行けと言われたが、そんなことなど到底知るよしもないリンダIII世は生粋の日系ブラジル人3世なのだ」シュールな文言に静まり返る観客席。しかしそれを助走とするように、彼女たちの登場で観客は一気に爆発した。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=482803

ヒクソン(?)の先導でド派手に登場したリンダIII世

 黄色と緑のチアガール姿。Roda(円)と呼ばれる、前の人の肩に手をおいてぐるぐる回る、ブラジル人が祭り等で盛り上がった時に見せるスタイル(格闘技ファンにはグレイシー・トレインとしても有名)で登場した5人。しかし謎の男性3人が混じっているではないか。柔術着、スーツ姿、そして銀色の全身タイツ姿のオッサン……意味不明なキャスティングに首をかしげるアイドルファンたちもいた。

「初めまして~!オイー!」「オイー!!」。観客たちとのコール&レスポンス。ポルトガル語で「やぁ!」という感じのアイドル界では絶対に聞かれないだろう挨拶も観客の反応は上々。ドラムンベースのビートが利いた2ndシングル「愛犬アンソニー」からスタート。

 途中ボックスを踏むステップで、メンバーの後ろをうろうろしていた全身タイツのオッサンダンサー(?)が乱入、ステージ上の下手にはヒクソン・グレーシーに似せた(?)柔術着の男とスーツ姿の男が仁王立ち、腕組みをして微動だにしない。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=482804

 2曲目はブラジルの巨匠、セルジオ・メンデス&ブラジル66のカバー「Mas Que Nada」。ダンスチューンにアレンジされたナンバーで、全編ポルトガル語で唄うメンバー。洋楽色の強い曲に会場はちょっと面食らった感じであったが、途中、サンバダンサーの女性2人が登場すると、唸るような歓声が上がった。曲を終えての感想を尋ねられたメンバーのサクラも「サンバのお姉さんがよかったです」と応え、笑いを誘っていた。

 3曲目は彼女たちの存在を世に知らしめた、デビューナンバー「未来世紀 eZ ZOO」。リンダIII世のファンならずとも、アイドル好きなら知っているようで、会場の後ろでも「この曲、知ってる知ってる!」との声が聞かれた。メンバーが「踊ってほしい」と我々にも語っていた、間奏のサンバステップでは再びサンバーダンサーが登場。会場を一気にダンスフロアに変えた。

 ラストは記者も初見の新曲「日灼けマシーン」(未発売)。歌詞にポルトガル語や英語がふんだん使われ、夏全開のポップなチューンだ。恋の歌詞かと思いきや、世界へのメッセージが込められていたりと、深い内容。アイドルの楽曲というよりは、洋楽寄りで耳に残るサウンドだった。

 最後はサンバダンサー、微動だにしなかったヒクソン、スーツ姿の男、全身タイツのオッサンも踊り出し、ド派手かつ濃密でシュールな20分間のステージが終わった。歓声ともどよめきともつかない声に送られたメンバのー5人は実に満足そうな笑みを浮かべていた。

 来月11日には東京進出第2弾として「SUMMER SONIC 2013」に出演も決定。ド派手でシュールな新感覚のステージを見たい貴兄は幕張メッセに急げ! <取材・文/日刊SPA!TIF取材班 撮影/山川修一>

⇒その他の【ライブ写真】はこちら!
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=482809


愛犬アンソニー

JでもKでもない、B-POPの破壊力!

ハッシュタグ




おすすめ記事