マネー

今までの投資手法で失敗したときに出合ったトラリピで1200万円の利益!

「トラリピ」などユニークな発注管理機能を提供するFX会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)の顧客のうち、さまざまな部門ごとに実績上位の投資家を表彰しようという目的で、M2Jが主催する「FXアワード」。今回は通貨ペア別部門の上位者を表彰!

― M2J FXアワード「通貨ペア別部門」 ―

FXアワード, M2J, トラリピ, 投資

1年で1200万円ほどの利益をあげた高野さん

 今回は、M2Jの顧客のなかで通貨ペア別の利益が大きかった上位ランカーの一人、石川県在住の高野裕二さん(仮名・30代・医療従事者)を表彰!

 高野さんは’12年12月から’13年11月末までの12か月間において、M2Jのトラリピを使って豪ドル/円で約520万円の利益を達成した! しかも豪ドル/円以外にも、ドル/円とユーロ/円、南アランド/円のトラリピも合わせると合計で約1200万円の利益! 自己資金は1500万円弱で、M2Jでは約3000万円を運用しているという。

 トラリピは、同じ価格帯で上下動を繰り返すことが多い為替市場の特性を利用して、レンジの中に複数の注文を仕掛けておき、何度も自動で発注を繰り返す発注管理機能。事前に設定を済ませておけば、あとは注文が成立するのを待っているだけでOKだ。

◆今までの手法で失敗したときに出合ったトラリピ

FXアワード, M2J, トラリピ, 投資「FXは4年前から始めたのですが、震災後の円高で大きな痛手を負ってしまい、今までのやり方ではダメだと痛感したんです。そんなとき、当時よく読んでいたFXブロガーがトラリピを紹介していて、安定した収益が望めそうだと思い、始めました」

「昨年は全面的に円安となったので、たまたまうまくいっただけ」と謙虚に話す高野さん。

「僕のやり方は、基本はトラリピでほったらかし運用。相場がどのように動いてもほったらかしでいいように、リスクを抑えた設定にしています。具体的には、豪ドル/円には70円から105円までの範囲で、1000通貨単位を10銭刻みに仕掛け、500円上がったら利益確定する設定にしています。少ない通貨で小刻みに仕掛けるこの設定に加え、資金に余裕ができてからは2万通貨単位を50銭刻みに仕掛け、1万円で利益確定する設定もしています」

 複数の通貨ペアのうち、豪ドル/円を選んだ理由は?

「トラリピを始めた頃はスワップポイントが高かったことが理由です。ただ、今後、中国経済の先行きに不安が出てくると、豪ドルは大きく下落する可能性があります。そのときを想定してトラリピの設定は増やさず、できるだけ資金を増やしていきたいと思います」

 12か月で1200万円の利益という非常に高いパフォーマンスだが、自分へのご褒美は?

「M2Jでは貯まったポイントを旅行券などに交換できるので、それを使って温泉旅行に行きました。本来なら豪快に使いたいところですが、新興国不安による円高に備え、贅沢は控えています。今年は大きな円安は望めないと思うので、昨年のような利益は難しい。リスク管理をしっかり行うことが重要になると思っています」

【FXアワードとは?】

「トラリピ」など独自の発注管理機能を提供するM2JがFXの魅力をわかりやすく伝え、今まで以上に多くの人にFXを知ってもらおうというコンセプトで企画したものが「FXアワード」。

 アベノミクス相場で儲かった個人投資家はどれくらい稼いでいるのか。今回の「通貨ペア別部門」のほか、「利益金額部門」、「利益率部門」の表彰も行う。

<イラスト/サダ 取材協力/M2J(http://www.m2j.co.jp/)>




おすすめ記事