ニュース

世界で一つ 究極のカップヌードル【つくってみた】

カップヌードルミュージアム

万葉の湯とワールドポーターズの隣!

9/17、横浜・みなとみらい地区に「カップヌードルミュージアム」がオープンした。過去に発売された3,000点以上を超えるインスタントラーメンのパッケージ展示、粉からのチキンラーメン手作り体験、世界に一つだけのマイカップヌードル作りなど、一日中楽しめる体験型ミュージアムだ。ラーメンに目がない日刊SPA!取材班もさっそく行ってみた。

色んな味があるけど、もっとウマい自分好みのカップヌードルが食べたい!

ラベルも自分好みに

ちょい足しすら面倒くさがってしまう筆者の願いを見事に叶えてくれたのが「マイカップヌードルファクトリー」だ。自分でデザインしたカップに、4種類のスープから1種、12種類の具材から4種を自分で選び、お持ち帰りが出来るのだ。選べるスープと具材、定番のものから変わりダネまであり、ついつい悩んでしまう。選べる食材は以下のとおり。

【スープ】(4種)
カップヌードル、シーフードヌードル、カップヌードルカレー、チリトマトヌードル

【具材】(12種)
エビ、コロ・チャー、タマゴ、ネギ、ひよこちゃんナルト、ガーリックチップ、インゲン、チェダーチーズ、カニ風味カマボコ、コーン、キムチ、期間限定炭火焼チキン

アイスクリーム屋の様に選ぶのを楽しみつつ、筆者が選んだ食材は、

【スープ】シーフードヌードル
【具材】チェダーチーズ、ガーリックチップ、キムチ、ひよこちゃんナルト

追加料金で「増し増し」もできたらいいのだが……


シュリンク包装後、エアパッケージに詰めてお持ち帰り


どう考えてもクサイ! けれど、こってりメニューにしたのには理由があった。普段は、ガーリック系の食べ物はニオイを気にして人と一緒の時はあまり食べられない。しかも3つのコンボを味わう機会はなかなかない。けれど、保存できるマイカップヌードルを作れば、ニオイも気にせず、自分一人で好きな時間、好きな場所で食べられるのだ。

そして、その時はやってきた。深夜のオフィス。他には誰もいない。

お湯を入れて3分の待ち時間。そわそわとお茶を用意している間にも、広いオフィスに濃厚なニオイが広まっていく。キムチ、ガーリック、チーズ。胃が悲鳴をあげる。これ、明日の朝来た人も気づくんじゃないか? そんな心配をしている間もなくカップヌードルができあがった。


「量産希望!」 そう叫ばずにはいられませんでした

フタを開けると、シーフードの磯の香りとパンチの効いたガーリック臭が一気に広がり、カップの中にはとろけたチーズとキムチの赤みが麺にちょうどよく絡まっていた。いつものシーフードヌードルよりも格段にクセのある、こってりヌードルが出来上がっていたのだ。麺をすするたびに、広がる衝撃。これが食べたかったんだ!

300円 (消費税込)と通常価格よりはるかに高いが、自分で選んだ味、自分で書いたカップに、確かな満足を得られた。世界に一つだけ、あなただけのカップヌードルをつくってみてはいかがだろうか?

他にも見応えたっぷり! チキンラーメン手作り体験、3000点以上のインスタントラーメンの展示の様子はフォトギャラリーで紹介!

カップヌードルミュージアム フォトギャラリー
https://nikkan-spa.jp/61169/110917_umai_10


取材・文・撮影/林 健太 取材協力/朝井麻由美


ハッシュタグ




おすすめ記事