エンタメ

SKE48松本梨奈・卒業公演レポート「本当に5年間楽しかった!」

 4月10日、名古屋の栄にあるSKE48劇場にて、SKE48チームKII・松本梨奈の卒業公演が行われた。彼女は2期生としてSKE48に加入し、8thシングル「片想いFinally」で初の選抜入り、昨年の総選挙では41位に入るなど活躍してきた。「まつりな親分」、「まつりな先生」の愛称でファンやメンバーから愛され、その独特な空気感で笑いを提供しつづけた彼女のラストは涙々の卒業公演ではなく笑いの絶えない公演となった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=622149

松本梨奈

最後の大矢真那からのメッセージでも笑いが

 彼女はSPA!連載を盛り上げ続けてくれた貴重なメンバーの1人。そんな彼女の活躍を少し振り返る。当時の連載は部活形式。なかでも松本が存在感を発揮したのが激辛部だった。最後のメッセージで大矢真那からも、唇をはらしながら辛い鍋を食べ続けたエピソードがあったが、SPA!連載内で赤からの「10番鍋」に挑戦した際も、舌の感覚を失い汗ダラダラになりながらその負けん気でモリモリ食べ続け、最後には汁を飲み干す荒業も披露した。アイドル研究会としても「アイドル目線使い」を後輩の柴田阿弥、金子栞に伝授。後にセクシー担当として活躍する片鱗を見せる。当時放送されていたニコニコ生放送でも体当たりで企画に挑むなど、そのキャラクターは誰もが愛したくなるものだった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=622144

 卒業公演は特別仕様のダブルアンコールもあり、矢方美紀と「ヒグラシノコイ」を大矢真那と「狼とプライド」を披露。最後のメッセージでは「アイドルに憧れていたのでこんな景色を見れらる日が来るとは思ってなくて、この5年間は私にとって最大の思い出というか、活動もすごい楽しかったし、メンバーに出会えたのも本当に嬉しかった。私は大学生なのでこれからは勉強を頑張りたいと思ってます。みなさんも頑張ること頑張って下さい。私が辞めて希望を失った方もいるかもしれないですが、みんなカワイイので応援してあげてください。本当に5年間私のアイドルという道に付き合ってくれてありがとうございました。本当にこの5年間楽しかったしかないから涙出ないんですけど。ほんとにこれは言える、楽しい! だからみなさんもっと楽しんで」と語った。

 そして、チームKIIメンバーと「愛の数」を最後に披露しラストを飾った彼女。最後の最後みんなでの挨拶の時には「泣いとるわぁ」「さみしい。最後の最後になんかさみしい」と思わず泣き出してしまったまつりな。今後の人生が幸あるものになることを祈りたい。

<取材・文/ヤスオ 撮影/水野嘉之(連載) 写真提供/AKS(公演)>




おすすめ記事