エンタメ

「スパイダーマンは殴るより説得するヒーローなんだ」アンドリュー・ガーフィールドインタビュー

『アベンジャーズ』でも、そろって活躍しているマーベルコミックス出身のヒーローたち。“スパイダーマン”も彼らと同じマーベルコミックスから生まれたヒーローだ。でも10代ということもあってか、どこか違った魅力を放っている。そんなスパイダーマンの映画版新シリーズ第2弾『アメイジング・スパイダーマン2』が公開中。今回、3体のヴィラン(敵)と対決するスパイダーマン(=ピーター・パーカー)を演じたアンドリュー・ガーフィールドにインタビューした。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=631484

◆スパイダーマンはトリックスターなんだ

 ほかのヒーローとは違う魅力があると述べたが、それはアンドリューの抜擢にも関係しているだろう。陰の雰囲気を持っていたサム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演のいわゆる旧スパイダーマンのヒットは、新シリーズに少なからず影響を与えていたはず。2作目に入った新スパイダーマンは明るさが印象的だ。

「1作目のときは、ある意味、ちょっとしたぎこちなさがあったのは事実だね。新しく物語を始めなければならなかったんだから。でも今回は、僕もピーターもスパイダーマンになることを楽しんでいた。特に物語の冒頭ではかなり楽しんでいるのが伝わると思うよ」

 ピーターにも、そしてアンドリュー自身にも余裕が出てきた。随所でユーモアを見せるスパイダーマンを、アンドリューは“トリックスター(道化師)”的要素があると表現する。

「スパイダーマンは、あまり人を殴ることが好きじゃない。だから相手が悪いことをしないように、いろいろと話しかけて説得しようと試みる。トリックスターの特徴のひとつは、バッグス・バニーにも見られるように、敵を自滅させること。スパイダーマンにはそうした面があるんだ。

僕はチャーリー・チャップリンやバスター・キートンが大好きで、彼らを尊敬している。今回の作品は、フィジカル・コメディを探求するいいチャンスになったし、エキサイティングだったね」

 あの誰もが真似したくなるに違いないスパイダー・スウィングに加えて、スパイダーマンのフィジカルな要素にも注目だ。

◆アメコミ界の帝王が「好きなようにやれ」

アンドリュー・ガーフィールド さて、マーベルコミックスの映画化というと、アメコミ界の帝王ともいうべき、原作のスタン・リー御大がカメオ出演するのが定番。本作でも第1弾に続いて、御大が登場する。かなり、はっきり、バッチリ出演。前作とは違ってセリフもあるぞ。

 このスタン・リー、撮影現場にもちょくちょく足を運んでいたそう。アンドリューは何かアドバイスが欲しかったようなのだが……。

「まったくなかった(笑)。一切、口を出さないんだ。『君たちがやりたいようにすればいい。これは君たちの作品なんだから。僕の役割は、50数年前に(コミックを)書いて終わった。今度は君たちが君たちの役割を果たす番だろ』ってね」

 アンドリューは本作でポストプロダクション(撮影終了後に行われる作業)にも参加した。

アンドリュー・ガーフィールド「スパイダーマンは僕が3歳の頃からのヒーローで、今では彼のことを熟知するまでになった。そのことをマーク・ウェブ監督やプロデューサー、編集者、脚本家らチームのみんなもよく知っていたので、撮影前から僕もいろいろアイデアを出した。

ポストプロダクションではストーリーテリングを学びながら、映画全体の構成について、キャラクターについて、ピーターの物語がどうあるべきか意見を言わせてもらったんだ。この役を演じられるだけでも素晴らしいことなのに、作る側にも携われるなんて最高だったね」

 これまでデヴィット・フィンチャー、スパイク・ジョーンズ、マイク・ニコルズ、ロバート・レッドフォードといった錚々たる監督たちと仕事をしてきたアンドリュー。今度はマーティン・スコセッシと遠藤周作の『沈黙』に取り組むという。またシドニー・ルメット監督の「メイキング・ムービー」(キネマ旬報社)を読んで夢中になったといい、将来的には「プロデュース業や監督をやりたい」と断言した。

◆共演者で恋人のエマは「世界一の才能」

 最後に、本シリーズのヒロイン、エマ・ストーンについても触れねばなるまい。前作で出会い、実生活でも熱愛中のふたり。アンドリューはエマとの再共演を次のように語った。

「とにかく最高だったよ! エマは世界一の才能を持った女優だからね。ものすごく快活だし、女優になるべくしてなった人だ。彼女と共演できることは、純粋に嬉しい。彼女と“芝居をする” (play)のは、本当に“遊びであり楽しみ” (play)だからね。芝居を“play”というのには理由があるってわけさ(笑)」

 なんともお熱いことで。悔しいから(?)我々は、ヴィランとの戦いで熱く燃えるべし。 <取材・文/望月ふみ>

●『アメイジング・スパイダーマン2』は全国にて公開中
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
オフィシャルサイト http://www.amazing-spiderman.jp/site/




おすすめ記事