人外魔境の激安ラテン中古車は安いほど一目置かれる!?

シロートさんほど損をするのが世の倣い。それゆえシロートさんは、クルマを買うと言えば新車しか思い浮かばず、大枚はたいて面白くもないクルマを買っているわけですが、激安中古外車の世界を知ったら最後、そこは桃源郷でした! 周囲には一目置かれるし、運転も楽しいし、故障も滅多にない。それで100万円以下なんだから!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

中古車

このまま極楽が続くのか、それとも地獄が待ち受けているのか? 第2回激安中古外車サミットに続く(かも)

◆100万円以下ですべてが最高!第1回激安中古外車サミット開催さる

⇒【前編】はコチラ

安ド:100万円以下のドイツ車乗ってても、あんまり威張れませんけど、ラテン車は安いほど一目置かれる。そこがいいですね!

MJ:そう。その捨て身の雰囲気が、よくわかんないけどカッコいいとほめられる。俺なんか48万円のプジョーでNHKに出演して、佐々木彩アナに「真っ黒でカッコいいですね」ってほめられたからな!

安ド:僕の88万円の166は、元『LEON』副編の九島辰也さんに「やっぱりコレいいよね。俺も欲しかったんだよ」ってほめられました。

K:僕も500万円のゴルフRに乗ってるデザイナーに、「このアルファのほうがいいなあ」って言われて、「ええーっ!!』でした。

MJ:新車のゴルフRなんて安心だもん。でも0円でもらったアルファ147は、猛烈に冒険的に見える。男はそういうのに一目置くんだよ!

K:確かに自分でも、隣にベンツやBMWの新車が並んでも、「勝ったな」って思うようになりましたね。

MJ:ただ、激安ラテン車ならなんでもいいってわけじゃない。メカはなるべく単純なほうがいい。エンジンは4気筒! 6発以上は故障しやすいから。

安ド:グサっ!

MJ:それと、ミッションはマニュアルに限る。アルファのマニュアル車とセミATのセレスピードじゃ、まさに天国と地獄だ。

安ド:アルファのATは壊れまくるって聞きますね。

K:僕はこれが生まれて初めてのマニュアル車なので、ギアチェンジが面白くてやめられません!

MJ:100万円以下の中古ラテン車でマニュアル車なんて、それだけで一般ドライバーからしたら人外魔境だけどな。

K:まあ、普通は買いませんよね。でも買ってみると「えっ!?」っていうほどステキな世界ですね。

MJ:キミは俺からもらっただけで買ってないだろ!

【結論】
最大の狙い目は、イタリア車・フランス車で、10年落ち、100万円以下のマニュアル車(ATならフランス車のほうが吉)。勇気を出して買ってみれば、めくるめく激安中古外車の世界が待っていますよウフフフフ~。

ハッシュタグ




おすすめ記事