R-30

激安中古ドイツ車はダメ! 激安中古ラテン車なら100万円以下ですべてが最高

シロートさんほど損をするのが世の倣い。それゆえシロートさんは、クルマを買うと言えば新車しか思い浮かばず、大枚はたいて面白くもないクルマを買っているわけですが、激安中古外車の世界を知ったら最後、そこは桃源郷でした! 周囲には一目置かれるし、運転も楽しいし、故障も滅多にない。それで100万円以下なんだから!

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=647945

◆100万円以下ですべてが最高!第1回激安中古外車サミット開催さる

中古車MJ:担当Kはつい先日、ようやく激安中古外車の世界に足を踏み入れたわけだけど、どう?

K:もう面白くて仕方がないです! 実質30万円でこんなに楽しい世界があったなんて!

MJ:これを知ったら、300万円も出して中古のBMW買うなんて、もうできないだろ?

K:なんて世間知らずだったんだろうって思います。もちろんまだちょっと不安ですけど。本当に中古のイタリア車なんて大丈夫でしょうか?

安ド二等兵(以下、安ド):そこは慣れです。ラテン車は細かいことは気にしちゃダメですよ。

MJ:警告灯は基本、すべて無視だよ。だいたい誤作動だから。

K:MJさんから「ラテン車は故障が自然治癒する」って聞いた時は、そんなことあるわけない!って思いましたけど“僕のアルファ”いつの間にか液晶ディスプレイの欠けが直ってたんです!

MJ:だろ? ラテン車は生命体に近い。だから自然に直ったりする。でもドイツ車は機械だから、壊れたら自然には直らない。激安中古外車の基本の第一は、「ドイツ車は避ける」。これだよ!

K:確かに、過去2台乗り継いだアウディの中古車は故障しまくりました。イタ車が本当に壊れないかどうかは、これからですが。

安ド:それは僕らがすでに証明してますから!

MJ:と言いつつオマエのアルファ166、いま1気筒死んでんだろ?

安ド:ちょっと調子悪いですね……。でも去年エンジンがかからなくなった時は3万円で直りました!

K:うちのドイツ車なんか、修理のたびに10万円以上かかるのに!

MJ:激安中古ドイツ車はダメだね。知り合いのカメラマンは今、激安BMWで泣いてるよ。70万円で買った前の愛車のアウディも、修理に150万円もかかったそうだ。それでも「ラテン車は怖い」ってドイツ車を買い続けてる。食わず嫌いの腰抜けなんだよ!

K:ついこの間までの自分を見ているようです……。

⇒【後編】に続く「人外魔境の激安ラテン中古車は安いほど一目置かれる!?」 http://nikkan-spa.jp/647866

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com




おすすめ記事