エンタメ

SKE48矢方美紀「ファンの方に壇上で感謝を伝えたい」【選抜総選挙・速報発表直後インタビュー】

SKE48矢方美紀’09年、3期生としてSKE48加入。トークやモノマネが堪能で、チームSにはなくてはならない存在となっている矢方美紀。総選挙では、’12年に62位となり初のランク入り。翌年には、速報で39位につけたたものの本発表では圏外。そして、今年は速報で圏外となった。そんな彼女に速報発表直後に直撃取材を敢行。様々な想いがうずまくなか、彼女は何を感じていたのか……?

――まずは、速報を終えての率直な感想を伺えればと。

 SKE48からいろんなメンバーが入って嬉しかったです! それに5期6期のメンバーが大勢入ってるのは、メンバー個人はもちろん、チームとしても飛躍してる証拠だと思いますしこの先も楽しみですね。だからこそ今は、「自分も順位に入りたいな」っていう、前向きな気持ちです。

――そう、今回の速報は圏外でしたが……?

 (食い気味で)あ、でも私81位だったんで!

――!?

 発表は80位からだったんで呼べなかったんでしょうけど、私81位なんですよ。……きっと! あのボード(速報の順位と名前が貼られた、発表用のボード)の裏にでも、私の名前あったんでしょうね。だからまだわかりませんよ! 本番まで毎日ドキドキです。

――昨年の総選挙については「悔しい」とはっきりブログに記すこともありましたけど、今回はどうですか?

 去年は、速報に入ったのに結局本番でランクインできなかったので、そのぶん悔しい気持ちが強くなったんですよ。それで言うと、今年はまだまだ! ここからだと思ってます。

――昨年の悔しさがあるからこそ、今は前向きな気持ちでいられるんですね。

 というか、私以上にファンの方が悔しい思いをされてると思うんです。たった1日かもしれないけど、その1日で一生懸命投票してくださってるのを知ってるので、感謝してます。ランクインする=ファンのみなさんにはそれだけ大変な思いをさせてしまうわけだから、申し訳ない気持ちもありますよね。でも、ランクインできれば一緒に喜び合えるし、形にも残る。それって大きいなと思うんです。

――では、速報が出て改めて今の目標は?

 変わらず33位です! 私、キャッチフレーズで「ひーふーみきてぃー! M!」ってやらせてもらってるんですけど、「M」の字を指3本で作ってるんですよ。それに、SKE48の3期生でもあるし。3って、なにかと縁のある数字なんです。

――しかも33位といえばネクストガールズのセンターですね。

SKE48矢方美紀

ランクイン目指して頑張るぜぃ!

 そう! 入るならばセンターっていう想いは強いです。私がセンターを務めたのって、研究生だったころの「PARTYが始まるよ」公演くらいなんです。そのパフォーマンスを観て好きになってくださった方がたくさんいたんですよ。私自身は、真ん中でも後ろでも変わらないって気持ちはありますけど、ファンの方に注目していただけたり、ファンの方に喜んでいただけるのが一番ですから。センター狙っていきたいですね! ちなみに、速報の33位は(大矢)真那さんだったので、本番では真那さんがもっと上位にいって、私が33位になるのが理想です! …………でも、33位はあくまでも理想の一番上。正直言えば、私はファンの方に壇上で感謝を伝えられればそれで満足です。だからとにかく何位でもいいからランクインしたい。そうして、自分の気持ちを言えたらいいな。2年ぶりに。

 SKE48イチのエンターティーナーが今年は壇上にて、喜びを爆発させる姿を見せることを期待したい。

【矢方美紀】
’92年6月生まれ、大分県出身。SKE48チームS所属。ニックネームはみきてぃ。SKE48メンバーから著名人、アニメキャラまで、幅広いモノマネレパートリーを持つ、SKE48イチの芸達者

<取材・文/松本まゆげ 撮影/水野嘉之>

ハッシュタグ




おすすめ記事